賃貸保証会社への加入で家賃滞納した人が次に審査を通す方法!

qimono / Pixabay

『賃貸保証会社へ加入した人が家賃滞納してしまったら?』

一度でも保証加入者が家賃滞納すると、その保証会社のデータに滞納歴が残ります。

その後に保証会社へ加入しようとすると当然ながら審査が厳しくなります。

「理由に関係なく滞納歴は保証会社に残りますのでご用心を!」

賃貸物件で賃貸保証会社への加入義務は年々増えています。

人によっては新たな賃貸物件へ引っ越しをする際にまた賃貸保証会社へ加入しないといけないかもしれません。

しかし、家賃滞納された方が保証会社の滞納歴データに万が一残ったとしても審査が必ずしも通らないと言う事はないのでご安心を。

今回は、賃貸保証会社へ加入した人が家賃滞納してしまった場合?

その後に保証会社の審査を受けなければならない場合の審査を通す方法を紐解いていきます。

スポンサーリンク




家賃滞納を過去にしていても賃貸保証会社の審査は通る!

賃貸保証会社へ加入している方が仮に家賃滞納してしまうと、確実にその滞納歴は残ります。

もちろん、その後は賃貸保証会社の審査が通らないって事もでてくるでしょう!

さすがに、家賃滞納をしていた事実を知り得て保証会社も審査を通すほど甘くはありません。

しかし、そんな方でも賃貸保証会社の審査を通す方法があります!

それはいとも簡単で実は単純な事です。

それではどんな方法があるのでしょう?

答えは?

Aと言う賃貸保証会社の加入時に家賃滞納してしまった場合、Bと言う賃貸保証会社の審査を受ければこの問題は解決します。

声を大にして言いますがこれだけで、賃貸保証会社の審査に通ります!

いとも簡単な事です。(笑

実はこれ、まだまだ賃貸市場では当たり前のようにあります。

今では賃貸保証会社も数多く存在しています。

昔からある保証会社や新規参入している保証会社と数はまだまだ多いですね!

そして、お部屋探しの際に選んだ賃貸物件のお部屋で保証加入を求められる賃貸保証会社も様々です。

選んだ賃貸のお部屋で加入を求められる賃貸保証会社に対して、以前に家賃滞納してしまっていると話しは別ですが、意外にも同じ賃貸保証会社には当たらなかったりするもんです。

保証会社への加入で家賃滞納してしまった方は、以前と同じ保証会社への加入は避けて、違う保証会社の審査を受けましょう!

家賃滞納の度合いも審査に影響する!

『家賃貸保証会社への加入で家賃滞納してしまった方が、違う保証会社の審査を受ければ問題解決!』

となるわけですが、どうしても滞納歴を残してしまった保証会社へ加入しないといけない場合、どうしたら良いのでしょうか?

この場合、通常審査とは異なり厳しい目線での審査を覚悟しなければなりませを。

基本は審査に落ちます!

しかし、通る場合もなくはありません。

どのような場合かと言うと
  • 家賃滞納はしたものの速やかに家賃を支払った
  • 口座振替(家賃引き落とし)を利用していて単純な引き落とし月の勘違いであった
  • 家賃保証会社に協力的で支払い期限をしっかり守って家賃滞納分を支払った

このような方が該当します。

賃貸保証会社も審査を通して保証をする件数を増やしていかない事には会社の利益があがりません。

審査に通せれる余地があるものには、その過去の家賃滞納内容を吟味し審査に通す事もあるのです。

それでは逆に絶対的に賃貸保証会社の審査が通らない方はというと
  • 家賃滞納しているにもかかわらず、賃貸保証会社の督促請求を無視し続けている状態で審査を受ける
  • 保証会社に家賃滞納残が残っている状態で審査を受ける
  • 虚偽の申込をしている状態で審査を受ける

このような方は賃貸保証会社の審査に100%通らないでしょう!

でもこれはあくまでも家賃滞納してしまった保証会社へ再度審査を再度受ける場合です。

保証会社が異なれば審査に受かります!

ひにくなもんです(笑

家賃滞納してしまうと賃貸保証会社のデーターに残る滞納歴は消せる?

家賃滞納していた事が残ってしまう賃貸保証会社の滞納歴データー!

これがあるから審査に通らない!!と泣いてる人もいるかもしれません。

しかし

この賃貸保証会社の滞納歴を残すデーターは消せる事ができます。

特に今、賃貸保証会社同士でつながっている協会

『LICC(リック)』に加入している保証会社は5年間だけ滞納歴の情報を所有する旨を明記しています。

5年間と簡単に言っても長いと言えば長いのですが、永遠に残る事はないので安心して下さい。

参考【2016年最新版】賃貸保証会社の審査を通す!知らなきゃヤバイ極め付けの3ヶ条!!

一番は家賃滞納しないのがベストなんですけどね。

家賃滞納したら即座に賃貸人や管理会社に連絡しよう!

皆さんは賃貸保証会社の家賃立替までの具体的な流れは知っていますでしょうか?

賃貸保証会社に加入した方が家賃滞納すると、その家賃入金を管理している物件のオーナーや管理会社からまずは家賃滞納者に連絡が入ると思います。

物件のオーナーや管理会社もいきなり賃貸保証会社へ家賃立替請求をするわけでもないんですね。

そして、再三連絡を家賃滞納者へしたにもかかわらず、一向に前に進まないと判断して初めてここで賃貸保証会社へ家賃立替請求が始まります。

このような流れからいくと、賃貸保証会社へ立替請求される前に家賃滞納者へも余地が少なからずあると言う事です。

家賃滞納自体が問題でもありますが、しっかりと相談すれば親身に向き合ってくれる賃貸人や管理会社もあります。

『連絡をとれないのが一番まずい!』

お部屋を貸す側である賃貸オーナーの方達が口を揃えて良く言う言葉です。

家賃滞納をして賃貸保証会社に家賃を立替られ、さらには自分自身の信用に傷をつけなくなければ、事前に相談する方が得策ですね。

まとめ

賃貸保証会社へ加入をして、家賃滞納してしまった場合

多くの方が『もう、賃貸物件に住めないのではないか?』と

不安がります。

確かに滞納歴が残ってしまうことも説明しましたが、そこまで自分を追い詰めることはありません。

賃貸物件にもう二度と住めないなんてことは絶対にないですから!

『どこかの保証会社でいとも簡単に審査が通る!!』

これが今の現状です。

しかし、家賃滞納は家賃滞納。

賃貸物件に住む以上は、家賃はしっかり払いましょうね!!

以前、記事にした【2016年最新版】賃貸保証会社の審査を通す!知らなきゃヤバイ極め付けの3ヶ条!!が皆さんにかなり読まれていますので、今回は【2017年最新版】をリリースする事にしました。やはり、賃貸保証会社の審査の件については誰しもが気に
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る