賃貸保証会社の審査

賃貸保証会社の審査をアルバイトで通す方法!業歴10年プロが伝授!

スポンサーリンク

悩み人

『アルバイトなんだけど保証会社の審査が不安』

『アルバイトで賃貸保証会社の審査に通るかな?』

少しこのような悩みが発生してはいないでしょうか。

 

ガリ勉
こんな不安を業歴10年の私が経験上の生の声で解決しちゃいます!

 

このような方が賃貸物件を借りる際に、お部屋を貸す側である家主さんは一体どう思っているでしょうか?

 

全ての家主さんではないですが、

大丈夫かな?

なんて、考えの家主さんは実際に多いと思います。

悲しいかな、、、。

 

確かに、一般企業に正社員として勤めている方とアルバイトの方を比較すると、その差はまだまだありますよね。

 

ガリ勉
しかし、今現在は賃貸保証会社と言う機関保証をしてくれる企業が存在しており、物件のオーナーさんにとって賃貸経営はリスクがどんどん軽減されてきてもいるのも事実!

 

そして、この賃貸保証会社の利用も年々増加傾向にあります。

賃貸保証会社は今では全国に150社以上存在しているとも言われていますし、現在の保証会社の利用割合は賃貸借契約において全体の7割とも8割も利用されていると言われています。

 

この事からほとんどの賃貸物件で家賃保証加入を条件として物件募集されているのが現状です。

 

賃貸保証会社のポイント!事前審査!!

しかしながら賃貸保証会社へ加入するにしても、誰でも保証加入できるわけではなく、事前の審査に通った方だけ保証加入できる仕組みです。

 

入居者の方も『別に保証会社へ加入しなくても良い!』なんて考えもあると思いますが、そもそもほとんどの賃貸物件が入居の一つの条件になっていますので仕方ありません。

 

こうなると現状アルバイトの方が賃貸物件を借りようとする際は必然的に厳しい賃貸保証会社からの審査を受ける事になるでしょう。

今回はアルバイトの方でも簡単に賃貸保証会社の審査に通す方法を3ステップの手順で解説していきます。

 

賃貸保証会社の審査基準はそれぞれ違う!

アルバイトの方が賃貸保証会社の審査を通すには結論!審査が緩い・甘い賃貸保証会社の審査を受ければ良いのです。

 

そうすれば審査もスムーズに通り、気に入ったお部屋にも住めるでしょう!しかし、賃貸保証会社の加入に関しては残念ながら入居者側で選ぶ事ができないんです。費用を負担しているにも関わらずです。

 

こうなると最悪、アルバイトの方が審査の厳しい賃貸保証会社の審査を受けることになれば、せっかく気に入ったお部屋にも住めない!なんて事は充分にあり得ます。

 

賃貸保証会社の使い分けも主流化している

こうなると困っちゃいますよね。

 

しかし、今では以前と比べて家賃保証会社を利用する立場である家主や管理会社、はたまた不動産会社もそれぞれの賃貸保証会社の特徴を捉えてきました。

 

それこそ?

どこどこの賃貸保証会社の審査が緩いとか、審査が甘い!なんて事はお手の物になっています。

 

もともとアルバイトの方には入居お断りと言う強気な物件は指定する保証会社も審査が厳しい所を選んでいると思いますし、どんな方でも入居してもらいたい!なんて考えの賃貸物件は審査が緩い、甘い保証会社を初めから利用しているでしょう!

 

お部屋探しを任される不動産賃貸業者もアルバイトの方に対して、的確な賃貸保証会社を利用できる知識はあると思います。

ガリ勉
アルバイトの方なら○○保証会社なら審査に通るな!こんな知識も不動産会社にも徐々についてきています。しかし、不動産会社選びも重要です。なぜなら不動産会社によって利用できる保証会社は異なるからです。

 

アルバイトの方でも勤続年数は審査に考慮される!

別にアルバイトだからと言って賃貸物件に住めないなんてことはありません!

 

それこそ極論、

賃貸物件へ入居の際には正社員で働いていたが、世の流れで現在はアルバイト暮らし!なんて事もありますからね。

 

賃貸保証会社の審査も然りです。

 

審査が通って保証加入した際に、契約途中で契約者の雇用形態が変わろうとも保証自体が打ち切られる事はありませんのでご安心を。

 

賃貸保証会社の審査でアルバイトの方は勤続年数がポイント!

しかし、審査を受けるタイミングで『アルバイト』はなんだかんだで審査は厳しくなるのは否めません!

 

但し、同じ雇用形態がアルバイトの方でも、賃貸保証会社はある1点を重視して審査をスムーズに通す場合があります。

 

それは

勤続年数』です。

 

この勤続年数が短い方と長い方ではある程度の審査結果の差はつきます。当然、勤続年数が長い方の方が審査に通りやすくなるでしょう!

 

アルバイトの方は勤続年数1年が基本

逆にころころと職場を変えてしまっていると賃貸保証会社の印象は悪いでしょう。このような状況ですので、勤続年数に対して申し上げると

 

結論!

アルバイトでも勤続年数は1年以上は欲しい

これくらいは正直、必要と言ったところでしょうね!

 

但し、これは一つの指標に過ぎません。勤続年数が仮に短くても、自身の預金通帳提出で審査に通ったりします。勿論、残高0円では厳しいですが、半年分の家賃を支払っていける金額があれば問題ないです。

 

同じアルバイトでも水商売系は審査が厳しい!

アルバイトの方の中でも特に『水商売』になってくると、各賃貸保証会社の審査は厳しくなります。

 

これは、そもそも賃貸保証会社の審査基準として水商売の方に対する審査は厳しくなる傾向があるからです。

 

特に、勤続年数の件につきましてもあまり考慮されていない現状があります。

 

水商売の方もスムーズに審査可能「フォーシーズ」

いわゆる水商売だから、、、。と、言う属性判断になっているからです。しかし、ここに関しても審査を通してくれる賃貸保証会社はちゃんと存在していますので、ご安心を!!

 

代表格で言えば

フォーシーズ!!

Screenshot of www.4cs.co.jp

 

フォーシーズであれば水商売の方でも審査可決をほぼほぼ確実なものにできます。同様な考えを各、不動産会社や賃貸人である家主さんも今では認識しています。

水商売でアルバイトの方へは必然的に提案される保証会社の一つでしょう!

 

ガリ勉
もし?万が一提案されなければ、そもそも水商売の方を入れたくない賃貸物件の確率大です。

考えを切り替えて新しいお部屋探しに踏み込んだ方が早そうです。

 

派遣のアルバイトの方が賃貸保証会社の審査を通す!

言わずもがな、派遣の方は職場がコロコロ変わる可能性大です。あまり賃貸保証会社も好まない現状は正直あります。

 

派遣でアルバイトの方は審査は厳しくされてしまいますが、一昔前よりは賃貸保証会社それぞれで審査を通す傾向は強くなっています。

 

世の流れでしょうか?

派遣って言っている位ですから、賃貸保証会社も職場が変わる事に対しての抵抗感が薄くなったのかも?ですね。

 

派遣元をコロコロ変えてしまうのは減点

但し、派遣元をコロコロ変えてしまっているのは審査に影響されます。派遣のアルバイトであっても、『派遣元で長くやっている』アピールは大切です。

 

いかに保証会社へ安心してもらうか?の根回しは非常に大切ですから、審査申込時には気をつけましょう!

 

派遣でアルバイトだけど派遣元は○○で、勤続年数は○年』

 

位は逆に記載して審査を受けた方がプラスになります。

 

是非、実践してみてください!

 

初めから連帯保証人を付けて審査を受ける!

賃貸保証会社に加入する方の認識として、『連帯保証人を付けれないので賃貸保証会社へ加入する!』と言う考えだと思います。

 

しかし、各保証会社は別に審査をするにあたって連帯保証人を付けなくても良いですよ!と、言う考えはありません。

 

何故なら、賃貸保証会社だって家賃滞納があった際に連帯保証人が付いていた方が家賃の回収率が断然に違いますからね。

 

連帯保証人を付けての審査は可決率UP

保証会社目線の審査についても、「連帯保証人」か「緊急連絡先」で申し込んでいる案件ごとで、通しやすい、通しにくいは大きな差があるでしょう。

 

アルバイトの方はどうしても厳しい審査になるのは避けられません。でも、賃貸物件の入居条件で保証会社へ加入しなければならない!

 

費用負担するのは原則、入居者側なのですが条件になっている以上、そもそも保証会社の審査に通らなければ対象のお部屋に入居することすら出来ません!!

 

アルバイトで賃貸保証会社の審査を受けるなら連帯保証人を付けるのもあり

それであれば?

 

アルバイトの方であれば最初から連帯保証人を付けた上で賃貸保証会社の審査を受けた方が、どの?賃貸保証会社に加入しないといけないだろうが審査は確実に通りやすくなります。

 

費用負担もして連帯保証人も付ける

なんとも腑に落ちないご提案にはなるものの、審査を早く通していち早く引っ越し準備を進めたい!

 

なんて方には有効的手段と考えます。

 

\連帯保証人不要の賃貸物件/

驚愕の初期費用!新生活でのワクワクが止まらない!

アルバイトの方でも審査をスムーズに通してくれる賃貸保証会社ランキング!

最後に、審査が、中々厳しくなってしまう傾向が強い『アルバイト』の方へ、審査をスムーズに通してくれる賃貸保証会社のランキングを最新版で掲載します!

但し、賃貸保証会社への保証加入については原則、入居者側で選べません。あくまでも指定されます。

 

ですから残念ながら

『私、アルバイトなので審査を通してくれる○○保証会社の審査を受けたいです!』

 

と、主張した所で『はい!わかりました!!』とはなりませんのでご了承を。

 

保証会社を利用する側は保証内容を重視

不動産会社や家主さんは自分の気に入っている賃貸保証会社があります。

 

例えば、毎月の家賃を保証してくれる意外にも原状回復費用や残置物撤去費用、早期違約金、更新料など充実したサービスを他にも提供している保証会社は多々あります。

 

さらには、賃貸保証会社の利用に伴う代理店登録をしている不動産会社さんは『手数料』を多くキックバックしてくれる保証会社を利用するような現状だってあります。

 

賃貸保証会社は指定されてしまうもの

あくまでも、保証会社利用についてはお部屋を貸す側がまだまだ強いですね。

 

いづれは、入居者が保証会社を選ぶ流れに何らか変わっていくと思いますが、現状ではまだまだ厳しいでしょう!

 

そうとは言え、参考にしていただけると幸いです。

 

まとめ

賃貸保証会社の審査はその会社によって基準もバラバラですし、考え方も違います。

 

アルバイトの方にとっても、保証会社の審査はある程度の壁にはなるでしょう。

 

しかし、『まったく審査が通りません!!』って訳ではないので安心してください。

 

審査を受ける賃貸保証会社によって、審査に通るか?ダメか?は左右されてしまいますが、お部屋を貸す側も『家賃保証会社の審査に通れば誰でも入居OK!!』なんて考えも増えてきました。

 

是非、スムーズな契約を目指していきましょう!!

他社でもらった「見積もり」出すだけで初期費用減額!

 

家賃保証会社に入りたくないなら「ビレッジハウス」

ビレッジハウスの賃貸物件をオススメしたい方

  • 賃貸保証会社へ入りたくない
  • とにかく初期費用0円で入居したい
  • 家賃が安い所に住みたい

 

 

\メールで無料問い合わせ/

-賃貸保証会社の審査