賃貸保証会社の審査を受ける!借金をしている方の解決完全マニュアル!!

25940045654_015ede241b

最近、賃貸保証会社の台頭には目覚しいものがありますね!

このご時世ですから、お部屋を貸す物件オーナーさんもこぞって賃貸保証会社を利用する姿が多く見受けられるようになったのも事実です。

賃貸でお部屋を借りようとする方もそう言った意味では、今後も賃貸保証会社への加入を強く勧められる事が多くなりそうです。

そんな中、お部屋を借りようとする方が賃貸保証会社への加入を不動産賃貸業者より勧められる場合!?

保証会社からの『審査』が必ず必要になります。

この事前審査に通らない限りは賃貸保証会社への保証加入は出来ません。

しかも、審査に通らない以上『せっかく気に入ったお部屋に住めない』なんて事にもなってきます。

お部屋を貸す大家さんが、賃貸保証会社の審査を通らない方はそのままお部屋の入居を拒否してしまうからです。

今では賃貸保証会社へ加入して頂く事がお部屋を貸す条件になっているケースが多々ありますからね!

賃貸保証会社の審査はそれぐらい入居者にとっても重要な審査です!

そして今回はもし?

賃貸保証会社の審査を受けようとする方が

借金をしていたら?

はたして賃貸保証会社の審査を通す事が出来るのか?

ここに注目して今回は紐解いていこうと思います。

イメージとしては借金を抱えているだけで、誰もが賃貸保証会社の審査には通らないイメージがあると思います。

しかし、そうではない現実も実はあるのですよ!!

スッキリと解決しちゃいましょう。

スポンサーリンク




実は賃貸保証会社の審査で借金をしていても、審査は通る!

借金と言うキーワードを聞いて、誰しもが良いイメージをしないと思います。

当たり前ですね。

確かに、この世の中では借金をしている事によって、住宅ローンなど銀行からお金が借りられないなんて事もありますよね!

世の中的には借金=ダメ人間扱いされてしまうケースが多いのが現実です。(良い借金の仕方も中にはあるのですが、、、。)

『そのような中、賃貸保証会社の審査を受けるにあたって借金をしている人が果たして審査に通る事は可能なのでしょうか?』

例えば、車のローンやなにかしらのローンがあっても借金は借金ですよね。

しかし、結論から先に言ってしまえば別に借金があったとしても、賃貸保証会社の審査は通ります

ですので、例え借金があったとしても気負いなく賃貸保証会社の審査に望みましょう!

賃貸保証会社へ加入する際は審査が必ずあります。誰でも審査に通してくれるほど甘くもない面も賃貸保証会社は持ち合わせています。賃貸保証会社の審査を受けられる方にも色々な方がいます。その中でブラックリストの方は賃貸保証会社の審査は通るのでしょうか

そもそも賃貸保証会社は『借金があるか?ないか?』は審査基準に入っていない!

賃貸保証会社の審査時に重要視する基準で一番に影響があるのは

申込者が過去に賃貸物件に住んでいて家賃滞納があったか?どうか?

です。

『消費者金融で多額の借金をしている!』やクレジットカードの支払い滞納、携帯電話料金未納!

なんて事より優先されます。

そう言った意味では申込者の家賃滞納が過去にあるようであれば、ほとんどの賃貸保証会社の審査には残念ながら通りません。

しかし、

「過去に家賃滞納があったか?どうか?」

なんて賃貸保証会社はどのように調べているのか疑問に思われるかと思います。

これについて、賃貸保証会社はこれまでに培っている莫大なデーターを所有しており、名前や生年月日で一発検索をかけています。

賃貸保証会社が保有する莫大なデーターと言うのは、例えば保証会社も日々審査をしているので、その都度個人情報は保証会社へ蓄積されていきますし、保証していればしていたで、家賃滞納があるか?入居者の対応は如何か?なんて事がわかるわけです!

そこで、審査を受ける保証会社の情報が詰まったシステムフィルターに引っかかってしまえば審査アウトです。

『過去に賃貸保証会社へ加入していて家賃滞納をしてしまった!』ってケースですね!

又、賃貸保証会社同士のデーターベース共有も今では順調に稼働されていますのでどこかの保証会社が保有する情報データーで引っかかってしまうなんて事もあり得ます。

なので、

賃貸保証会社の審査を受ける場合、気をつけなければならないのは

まずは「自身に借金があるか?ないか?」ではなく

まずは先に「過去にどこかしらの賃貸保証会社に加入していて家賃滞納してないか?どうか?」を肝に命じて振り返ってみましょう!

賃貸保証会社の審査時に自分に借金がある事は伝えるべきか?否か?

賃貸保証会社の審査方法で賃貸保証会社より申込者へ電話連絡を入れる!というのがあります。

賃貸保証会社へ保証加入するには 審査を受けなければなりません。 この審査で賃貸保証会社も保証できるか?否か?を判断します...

これは、入居者に電話連絡をして「電話回線に問題がないか?」の確認になります。

いわゆる保証会社から申込者への電話連絡を通じて申込者本人としっかり電話連絡が取れるか?と言う事!

又、同時に『何か起こった(家賃滞納)場合の連絡手段がしっかりあるか?』の確認にもなります。

ここで賃貸保証会社が気になっているのは?

まさに家賃滞納が起こった時ですね!

賃貸保証会社は保証の加入者が家賃滞納すると、賃貸管理会社もしくは賃貸人(物件オーナー)の銀行口座に滞納分家賃を立替ます。

当然ながらその後に賃貸保証会社は家賃滞納者(入居者)に督促請求をするわけですが、、、。

その時に入居者本人と連絡が取れないようであれば賃貸保証会社も困ってしまうって訳です。

しかし、しかし

審査電話の際に賃貸保証会社から

『過去に家賃滞納されてました?』や『借金はありますか?』なんて聞かれる事はないです。

確かにいきなりこんな事聞かれても聞かれたほうは困りますけどね、、、。

そう言った意味では、自らが賃貸保証会社の電話連絡を入れてくるタイミングで審査時に余計な事を言わない限りは賃貸保証会社もわからない時はわかりません。

今回のテーマでもある借金が仮に多額にあってもです!

「そもそも、審査を受ける賃貸保証会社の情報データーに引っかかってなければ問題ないわけですし!」

データーに残るときはあくまでも以前、賃貸保証会社に加入していた時です。

しかも、データーに引っかかるのは家賃滞納情報のみ!!

保証会社から聞かれもしない事を自ら良かれと思って借金がある事を淡々と話してしまうと審査マイナスになる事もあるので注意しましょう!

いや!確実になります。(笑

賃貸保証会社の具体的な審査の流れは、下記のサイトで詳しく説明されているので参考にして下さい。

賃貸保証会社に要加入と言う物件チラシをよく見るようになってきました。今ではほとんどの方が何となくですが『賃貸保証会社はこんな会社だよなぁ』なんてイメージはついていると思います。しかし、中々詳しい所まではまだまだ不明な所も多々ありますよね!特

信販系の賃貸保証会社の存在は侮れない!

賃貸保証会社の審査について、自分に借金があっても何ら臆する事が無い事はなんとなくわかってもらったのではないでしょうか?

しかし、1点だけ注意しなければならない事があります。

それは信販系保証会社の存在です。信販系とはクレジットカードを発行している会社ですね。

賃貸保証会社と言っても、実は独立系企業とクレジットカードを発行している信販系と2つに分かれます。 独立系は素を辿ると消費者金融...

例えば代表的な会社では

  • オリコ
  • アプラス
  • エポスカード
  • ジャックス
  • ライフ
  • セゾン
  • セディナ

などが挙げられます。

意外にもこれらの信販系保証会社は全国の大手管理会社が導入しているケースが多く、賃貸のお部屋を借りる際にも信販系保証の加入を勧められる可能性は大です。

そして、これらの信販系保証会社でクレジットカード関係の借金をしてしまっている方が審査を受けるとなると審査落ちの確率が格段と上がります。

支払い遅れや滞納中も同様です。

今ではクレジットカード一枚でお金を借りる事が容易に出来てしまいます。

安易にお金を借りてしまって借金なんてしてしまうと大変です。

『信販系保証会社の加入にあたるか?否か?』は入居者では選ぶ事が出来ないので、後は運任せになりそうです。

まとめ

『借金がある人が賃貸保証会社の審査を受ける!』

この際は、何も気兼ねすることなく審査に望もう!

しかし、信販系保証会社の存在には要注意!

信販系保証会社は、「クレジットカードでの事故があると審査には通らない!」これは必ず肝に銘じておきましょう。

俗に言うブラックの人!

又、借金が原因の任意整理や自己破産も同様に信販系賃貸保証会社の審査は通りません!

事故歴がどうしても保証会社のデーターに残っているので、、、。

あわせて気を付けて下さいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る