賃貸保証会社の審査!借金をしている人が審査を通す為の方法!!

賃貸保証会社の審査

賃貸保証会社への加入前には必ずや審査が存在します。

この審査に通らなければそもそも保証加入できないわけなんですが

『もし?万が一、自分自身が借金をしていて賃貸保証会社の審査を受けることになったら?』

賃貸物件に住もうと思ったら、いまや賃貸保証会社の加入は当たり前化しています。

借金をしていて賃貸保証会社の審査を受けるなんて、なんだかドキドキしますよね。

『でも!賃貸保証会社の審査に通らなければ、気に入った賃貸物件に住めない…。』

『どこまで借金のことを調べられるのかな…。』

今回は借金をしていて賃貸保証会社の審査を受けなければならない場合!?

スムーズに審査を通す方法を徹底的に紐解いていきましょう!!

 

スポンサーリンク

賃貸保証会社の審査時に借金している事はバレる?

借金にも色々と種類がありますよね?

車のローンで借金、住宅ローンで借金。

はたまた、遊び金欲しさに借金と、、、。

世の中には様々な借金の仕方がありふれてます。

そして、その状況化の中で賃貸保証会社の審査を受ける場合なんですが

ハッキリ言って賃貸保証会社は審査を受けられる人が借金をしているか?どうか?

なんてわかりません!

なので、結論

借金をしている人でも賃貸保証会社の審査は通ります。

ここでの借金は種類を問いません。

いくつもの消費者金融から借金を重ねている多重債務者と言われる方だって、賃貸保証会社の審査が通ると言う

何とも言えない現実がそこにはあります。

まあ、実際に何らかの借金をしている方で、これから賃貸保証会社の審査を受けるにあたって、若干の心配があった人は一安心ではないでしょうか?

 

何故?賃貸保証会社は『借金があるか?ないか?』をわからないのか?

賃貸保証会社の審査で、保証会社が一番重要視しているのが

『この人は家賃を払っていけるか?どうか?』です。

ですから

仕事をしていて毎月の収入がしっかりあり、尚且つ収入に見合った家賃の賃貸物件に住むと言う事であれば基本は審査に通ります。

極論を言えば

実は200万の借金をしているが、仕事をしていて毎月30万位の収入があって7万の家賃に住む為に賃貸保証会社の審査申込を受けても全然通っちゃいます!

しかも、どの賃貸保証会社でもいけちゃうんじゃないでしょうか。

重複してしまいますが、このようなケースの場合の賃貸保証会社審査は

  • 仕事はしている→OK!
  • 毎月の収入がある(30万円)→OK!
  • 家賃7万円→OK!

審査で見ているのはここだけです。

『借金をしていますか?どうですか?』

なんて質問も申込者にはしません。

又、賃貸保証会社の所有しているデーターで、一個人の借金情報なんて保有していません。

これが、賃貸保証会社の審査の実情です。

 

自らが借金の事を賃貸保証会社に告げればどうなる?

賃貸保証会社の審査で借金をしているか?どうか?はわかりません!

しかし

そうとは言え、正直に自らの借金実情を保証会社へ伝えてしまう方もいるでしょう。

嘘はつけない!

なんて、、、。

又、賃貸保証会社は自分の個人情報を調べ上げていて、嘘をついても何でもお見通しなのでは、、、。

なんて考える方もいるかもしれません。

しかし

もし?自らが借金している事を賃貸保証会社に告げれば、まず間違いなく審査を落とされるでしょう。

厳密に言えば借金の内容次第で!

と言った所でしょうか。

例えばしっかりと仕事をして収入を得ている独身サラリーマンの人でも

『生活費に困って今、借金を繰り返しています。え〜と!金額は200位ですかね〜!?』

こんな事言ってる人、普通に審査は通しませんよね。

結局、だらしないから借金しているんでしょ?

と保証会社に思われても仕方ないですからね。

さすがに、賃貸保証会社だってこんな事を知り得れば審査に通してくれないので注意しましょう!

『正直に伝えれば審査に通るかも?』

なんて考えは捨てましょう。

現実は冷たいものです。

 

信販系の保証会社には注意が必要!

賃貸保証会社の審査にて、仮に借金をしていても審査に通ると説明させて頂きました。

しかし

一つだけ例外があります。

信販系の保証会社の存在です。

信販系の保証会社とは

  • オリコ
  • ジャックス
  • ライフ
  • エポス
  • アプラス
  • セディナ

などのカード会社を指します。

これら、信販系の保証会社は大手管理会社を中心に幅広く利用されています。

そして、特にオリコやエポスの最近の台頭には眼を見張るものがあります。

信販系の保証会社すべてに共通して審査基準が異なりますので、気をつけましょう!

独立系と言われる

  • 日本セーフティー
  • カーサ
  • JID
  • 全保連
  • ジェイリース
  • フォーシーズ
  • カプコエージェンシー
  • ナップ
  • オーロラ
  • 新日本保証
  • 近畿保証サービス
  • オリコフォレントインシュア

などとは異なります。

これら上記で挙げた賃貸保証会社もよく不動産会社に利用されています。

逆に上記で挙げた保証会社は、申込をしてきた本人の借金をしているか?どうか?までは調べません。

しかし、信販系の保証会社は『借金があるか?どうか?』を調べ、尚且つその情報をもとに審査を通すか?否か?の判断を下します。

この信販系保証会社と独立系保証会社の審査の違いだけには気を付けましょう!

 

今は借金をしていないが、最近まで借金をしていた方の審査はどうなる?

賃貸保証会社の審査申込時に借金をしていなく、つい最近まで借金をしていて完済した!

なんて方はどうでしょうか?

この場合も一緒で、独立系の賃貸保証会社であれば

現在、借金をしていようが、してまいが審査に影響はありません。

申込者本人が賃貸保証会社へ言わない限り、先ほどからお伝えしているように賃貸保証会社にはわからないのです。

しかし、ここでもクレジットカード会社である信販系の保証会社は違います。

クレジットカードでの事故は約5〜7年データー履歴に残ります。

ですからこの期間は、どの信販系の保証会社でも審査に通りません。

5〜7年経てばデーター履歴から消えるので審査も通るかと思いますが、、、。

個人情報機関である『CIC』が情報を所有していますので、気になる方は一度ご自身の信用調査を含めて調べてみては如何でしょうか?

まとめ

賃貸保証会社の審査基準は各社様々です。

しかし、『借金』をしているから審査に通らない、、、。

なんてことはないので安心してください。

過剰なまでに勝手な思い込みで損をしないように気を付けてくださいね!!

 

コメント