賃貸保証会社の審査で落ちる人の特徴をまとめてみました!

賃貸保証会社の審査に落ちる
なんとも、気分が悪い事です。人間として否定されたのではないか?(少し大袈裟かな、、、。)

なんて、とにかく良いものではないですよね。しかし、賃貸保証会社の審査で落ちる方もいらっしゃるのが今の現実です。

何故?自分は審査落ちしたのだろう?

と困惑する方もいると思います。賃貸保証会社も審査結果で、直接保証加入希望者である入居者へ

あなたのここと、ここが今回の審査落ちの理由です!』なんて言ってくれません。

ですから賃貸保証会社の審査落ちした方は、理由もわからずモンモンとしてしまうのです。

結果、気になってかなりきついです。

又、賃貸保証会社への加入を勧めた不動産会社にも審査落ちした理由は保証会社から伝えられないので、お部屋探しを依頼した不動産会社に聞いても無駄です。

これらの理由から、「審査落ちした理由は自分自身で紐解いていくしかありません!」

参考賃貸保証会社の審査が通らない人の3つの改善点!

今回は、賃貸保証会社の審査落ちする人の特徴をまとめてみました。

今では賃貸保証会社の審査面の情報はありふれていますが、表だった内容からここでしか得られない深く掘り下げた情報までをまとめました。

これから賃貸保証会社の審査を受ける方や既に審査に落ちてしまって、次の対策が得られてない方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク




過去に家賃滞納をしているようであれば審査は通らない!

以前、賃貸物件に住んでおり、さらには賃貸保証会社に加入していたとします。

その時に一度でも家賃滞納をしているようであれば、その時のあなた自身の滞納履歴データーが残っており審査落ちした可能性があります。

もっと厳密に言うと家賃滞納してしまい、さらには賃貸保証会社に家賃を立て替えられた場合です。

当然、賃貸保証会社も過去に家賃を滞納している人をわざわざ審査に通す事はしません。

あちらもビジネスですからね。

なので、保証会社に加入しての家賃滞納は滞納履歴がデーターとして残るので気を付けましょう!

個人事業主の方で収入が多くとも意外にも審査落ちする!

個人事業主の方が中々審査に通らない事があります。実は個人事業主の方は賃貸保証会社の審査に通りにくいのです。

例えば、かなり景気の良い方で「年収が1000万以上」あっても審査に落ちたりします。

賃貸保証会社によりますが、、、。

『何故でしょうか?』

これは、連帯保証人なしの審査申込の場合になるのですが、賃貸保証会社は個人事業主の方を嫌っている傾向は否めません。

確かに、年収1000万とあれば充分な収入です。

しかし、来年は?再来年は?『同じだけの収入がその人自身が得られているか?どうか?』疑問です。

個人事業主の方はその年、その年で収入自体が大幅に変動する可能性が高いですからね。

しかし、これも賃貸保証会社によってまちまちで、すんなり審査に通ったりもしますのでなんとも判断が難しい所です。

又、個人事業主の方が審査落ちする可能性がら高いと言っても連帯保証人をしっかり付ければ審査に通るので安心して下さいね。

年収に見合わない家賃の物件に住もうとしていないか?

自分自身の月収が仮に30万円とします。

そして借りようとしている賃貸のお部屋の家賃が10万円だったらどうでしょうか?

別に生活が出来なくもなさそうですが、、、。ただ結構一杯、一杯な生活になりそうです。

生活水準なんて個々のライフスタイルでいかようにも変えれますし、出来る人は出来ます。

しかし、賃貸保証会社の審査ではある一定の水準が設定されています。

物件家賃は収入の約4倍!これが一つの目安になります。

そうすると、10万の家賃に対しては4倍なので月/40万円の収入が葛藤です。

さらにもう少し現実的な価格帯でいきますと、7万円の家賃であれば月に28万円の収入が必要になります。

これは、あくまでも目安で、審査の通りやすい賃貸保証会社もあるわけで一概には言えませんけどね。

しかし、これぐらいの収入があればどの賃貸保証会社でも審査に通りやすいという事だけは断言できます!

是非、参考にしてみて下さい。

賃貸保証会社からかかってくる審査電話の対応が悪いと審査落ちする!

「自分は収入もある、家賃滞納なんて過去一度もない!それこそ、借金や車のローンなんてものはない。完璧だ!!」

なんて方が意外にも賃貸保証会社の審査落ちをしたりします。

このような方はそもそも賃貸保証を付けられる事に納得をしていない場合があります。

『何故?賃貸保証に加入しないといけないんだ!私を信用していないの?』

なんて思えば思うほど腹がたつ事もありますよね!

この心境のまま賃貸保証会社の審査を受け、さらには賃貸保証会社から審査電話がかかってくると横暴な態度を取られる方がいます。

プライドが高いって訳です。

賃貸保証会社もあくまでも審査なので多少は機械的な言い方の審査になったりします。

参考賃貸保証会社のあまり知られない具体的な審査の流れを教えます!!

こんな些細な言い回しでさえも、もともと保証加入に納得していない人だと人の態度をを変わらせたりします。

『そもそも保証会社に加入するつもりなんてないんだ!バカヤロー!』

なんて言ってしまったら最後!審査落ちします。

又、言い方は柔らかくとも保証加入に否定的な態度を少しでも電話口からみせようもんならこれもアウトです。(*賃貸保証会社から審査審査時に電話連絡を入れる場合)

『賃貸保証会社もそもそも保証加入する気がないなら審査を通す必要はない!』と露骨に審査をしてきます。

賃貸保証会社の審査電話の際は、大人の対応を心がけましょう!

同居人や緊急連絡先の方で事故を起こしていないか?

これは、あまりぶち当たることでもないのですが、例えば一緒にお部屋に住もうとしている方や、緊急連絡先をお願いした方が賃貸保証会社のデーターに引っかかってしまうと、契約者本人は問題なくとも賃貸保証会社の審査に落ちたりします。

これは、契約者本人と係りの深い方!

いわゆる関係性が強い方でこのような方がいてしまうと、賃貸保証会社自体は契約者本人ですら疑って審査してしまうと言う事です。

一つの事例を出した方がわかりやすいと思うので是非参考にしてください!

【例】Aさんは、過去に賃貸物件で家賃滞納を経験している。自分名義で賃貸保証会社の審査を受けても審査に通らないと考え、Bさんを契約者にし、Aさんはただの同居人として賃貸保証会社へ申し込みをした。

賃貸保証会社は同居人欄に記載されているAさんの情報を調べてみたら過去に家賃滞納がある事が判明した。

賃貸保証会社は速やかに審査を受けれない返答(回答)をする事になった。

なんともお粗末な審査結果になっていますが、現実にありますので肝に命じておきましょう!

 契約者本人が色々な方の賃貸の連帯保証人になっていないか?

これは、意外にあるあるネタです(笑

まあ、笑い事ではないのですが、これは誰かの連帯保証人になると言う事の重大性に気づいていない方が陥ります。

参考賃貸保証会社の連帯保証人になると言う事の意味!

例えば、あなた様自身が3名の方の連帯保証人になっていたとします。(ちょっと大袈裟かもしれませんが、一つの例として聞いてください)

1部屋が6万円の家賃として3名の連帯保証人になっているとします。

もし万が一ですが、一斉に契約者からの家賃滞納が発生してしまうと

6×3=18万円

の債務を連帯保証人になっている方も支払わないといけません。

もちろん契約者本人が速やかに家賃を支払えば連帯保証人は関係なくなるのですが、こればかりはわかりません。

このような背景から、賃貸保証会社は連帯保証人になりすぎている方に対して審査落ちさせる傾向は強いです。

やはり、最悪な状況を常に考えた審査を賃貸保証会社はやっていると言わざる終えないでしょう!

まとめ

『如何でしたでしょうか?』

ピンとくるものから、そうでないものまで色々とあったかと思います。その中には少なからず気づきもあったかと信じてます(笑)

今回はそこに重点を置いてご案内できればと思いました。

賃貸保証会社の審査と言っても、細かいことを言えばきりがありません。

保証会社もこの審査というのは会社の生命線ですからね。誰でも審査に通していては会社として成り立っていかないのでしょう。

しかし、せっかく気に入ったお部屋に住もうという段階で、賃貸保証会社の審査に落ちてしまっては元も子もありません。

審査を受ける方も万全の対策で審査に臨みたいですね!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『賃貸保証会社の審査で落ちる人の特徴をまとめてみました!』へのコメント

  1. […] 参考:賃貸保証会社の審査で落ちる人の特徴をまとめてみました! […]

トップへ戻る