賃貸保証会社の審査期間!スピーディーな審査を実現する方法!

watch

geralt / Pixabay

賃貸保証会社への加入の際に、誰しもが事前審査を受ける事になります。

気に入ったお部屋に早く引っ越しをしないといけない理由がある場合、この賃貸保証会社の審査期間に費やす時間はスピーディーに済ませたいですよね!

審査期間が長くなってしまって『希望の入居日に間に合わなかった!』なんてなれば最悪です。

お部屋の契約だって、賃貸保証会社に加入条件とあればその審査に通らない事にはお部屋の賃貸借契約をしてくれません。

しかし、審査は審査!

この時ばかりは、審査を受ける側である入居者は賃貸保証会社に進捗を委ねるしかありません。

この審査は、入居者側でどうこうなる問題でもないですしね!

しかし、そうとは言えやり方次第では賃貸保証会社の審査スピードや又、審査期間を早める事は可能です。

今回は、賃貸保証会社の審査期間を早める方法を紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク




賃貸保証会社の審査期間を早める為に入居申込書の記入はしっかりと記載する!

お部屋探しから始まって、『いざ!お部屋を借りようと』思った際に、そのお部屋が賃貸保証会社加入必須の場合であれば

必要になってくるのが、家賃保証会社が用意している『入居申込書への記載』です。

まずはこちらの用紙に自分自身の内容(名前・住所・電話番号・勤め先・年収etc)を記入して不動産業者から賃貸保証会社へFAXしてもらいます。

そして、保証会社の審査開始!と言う流れです。

この際に、入居申込書の記入項目が幾つか用意されているので、記入漏れやミスがないようにしましょう!

お部屋探しをお願いした不動産賃貸業者の担当者さんがしっかりしている方であればこの時!

しっかりとアドバイスや記載漏れが、ないか?の指摘をしてくれると思いますが

いい加減な担当者だと、ろくに申込書のチェックもしないで賃貸保証会社へFAXを流してしまいます。

こうなると、審査を始めた賃貸保証会社は入居申込書に記載不備があると、審査を進める事が出来ずに内容の再確認を不動産賃貸業者にしていきます。

『ここが実はがミソ!!』

賃貸保証会社からは入居申込書に記入不備があっても直接入居者へ連絡をせず、不動産賃貸業者に毎回確認を取らせたりするケースがあります。

『きちんと申込書を作成してから再度FAXしてね!』っと。

こうなるとお判りの通り、当然にして賃貸保証会社の審査期間は伸びてしまいます。

保証会社から申込書の記載指摘を受けた不動産会社は、それを又

保証加入をしようとする入居者へ伝えないといけませんからね!

下手したら2日とか3日かかったなんて事もあります。

不動産会社の担当者が休みであればなおさらです!

入居申込書の記載は重要です!気を付けて対処しましょう!

これをきっちり対応するだけでも賃貸保証会社の審査期間は十分に短縮できます。

賃貸保証会社からの電話連絡にはしっかりと対応をしよう!

審査時に、電話連絡をする賃貸保証会社があります。

いわゆる本人確認です。

この時に賃貸保証会社からかかってきた電話連絡を取らないと、審査期間はどんどん伸びます。

そして、あまりにも賃貸保証会社からの電話連絡を取らないと、長期的な保留状態に陥ってしまい、審査がストップしてしまう場合があるので気を付けましょう!

確かに今は保証会社が審査時に申込者へ電話連絡を一番取れる手段として個人携帯が挙げられます。

しかし、これはこれで厄介で番号がディスプレイ表示される為に

『知らない電話番号には出ない!』

なんて言う申込者の方が多くいらっしゃいます。

詐欺なんかが横行する世の中でもあるので、『慎重になってしまう』なんて事は仕方ない事かもしれません。

しかし、このような対応では審査期間が無駄に伸びるだけなので注意したい所でもあります。

『どの番号で審査電話が賃貸保証会社よりかかってくるのか?』

最低限、ここだけは不動産賃貸業者を通じてでも確認しておくのが得策です!

又、仕事などをしていれば出られない事も多いと思います。

この場合は賃貸保証会社の審査申込書に電話に出られる時間帯を知らせる『時間指定』が出来る記入欄が設けられている場合がありますので、審査期間短縮の兼ね合いからも利用しちゃいましょう!

連帯保証人や緊急連絡先にも協力してもらい審査期間を短縮しよう!

賃貸保証会社の審査では、中には連帯保証人を付けて審査を受けなければならない事があります。

賃貸保証会社=連帯保証人の変わり

なんて事が一般的な考えかもしれませんが、今は連帯保証人を付けてさらに賃貸保証会社に加入すると言う事が本当に多くなりました。

これは、選んだお部屋の物件オーナーや管理会社の考え一つで変わりますので、お部屋に入る条件として入居者は受け止めるしかありません。

又、連帯保証人はなくとも賃貸保証会社の審査では緊急連絡先が必ず必要になります。

これらの方にも電話連絡が入るので、スピーディーな審査期間を実現するには、このような方達にも是非協力をしてもらわなければなりません。

契約者本人がスムーズに賃貸保証会社からくる審査電話を対応出来たとしても、連帯保証人になってくれた方や緊急連絡先が同じく電話に出ない、自分には関係ないなんて言う非協力な態度をとってしまうと審査がつまずきます。

こうなると当然にして審査期間がどんどん長くなってしまいます。

賃貸保証会社の審査期間の短縮に向けては、連帯保証人や緊急連絡先の方にも賃貸保証会社から審査が入る旨は契約者本人からしっかりと事前に伝えておきましょう!

賃貸保証会社の審査期間を早め、なおかつ審査をスムーズに通す!

賃貸保証会社の審査を受けるにあたっては、審査に自信がある方もいらっしゃれば逆に審査自体に不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

例えば、過去も含めて家賃滞納はないものの今現在の収入面が少ないとか、転職の為に無職の状態、はたまた勤続年数が1年にも満たないとか母子家庭とか年金生活など、、、。

これらの方達は、確かに住むお部屋の家賃によってや、審査を受ける保証会社によっては、非常に厳しい審査になる事があります。

この場合は、プラスになる材料は情報でも何でも審査時に賃貸保証会社へ出してみるのが得策です。

例えば、預金通帳のコピーや母子家庭の方なんかは通常の収入以外に養育費なんかをもらっているケースもあると思います。

又、無職の方だって次の職場が決まっている内定通知書なんかがあれば、審査時に大きく影響してきます!

『収入はこれだけではないんですよ!』

と審査時にアピールするのは決して嫌らしい話しではないので

審査期間をスムーズに且つ審査を通していくには、プラスに働くであろう事はガンガン賃貸保証会社にアピールしていきましょう!

特に、審査時に電話連絡を入れてくる賃貸保証会社の場合には、電話連絡が来た時に口頭ベースで伝えるだけでも審査に加味してくれますよ。

まとめ

賃貸保証会社の審査期間は、どの保証会社もそれぞれ表向きでは10分〜30分位のスピード審査を謳っている事が多いです。

しかし、審査を受けられる申込者の対応次第では審査期間が大きく変わるのは否めません!

それこそ通常は1日とか1週間もかかる話しではないのですが、審査を受けられる方の対応如何で、審査期間がどんどん変化していきますので気を付けましょう!

特に、審査時に電話連絡を入れてくる賃貸保証会社への対応には充分に気を付けて臨みましょうね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 参考:賃貸保証会社の審査期間!スピーディーな審査を実現する方法! […]

  2. […] 賃貸保証会社の審査期間!スピーディーな審査を実現する方法! […]

トップへ戻る