賃貸保証会社の審査

賃貸保証会社の審査時の電話連絡で聞かれる内容とその対処方法!!

スポンサーリンク

『賃貸保証会社の審査電話では?どのようなことを聞かれるのだろう?』

『審査の電話で気をつけなければならないことはあるのかな?』

このような悩みを解決できます。

 

この記事でご紹介している、『審査の電話連絡に対する対応方法3選!』を実践して頂ければ保証会社からの電話連絡にもスムーズに対応できます。

 

なぜなら、私自身も現役の保証会社の人間になりますので、日頃から様々な審査を見ているからです。

 

賃貸保証会社への加入不要物件

お部屋を探す

※全国に100,000戸の賃貸物件

 

賃貸保証会社の審査時に実施する電話連絡のパターン!

賃貸保証会社の審査には二種類のやり方があります。

 

一つは申込書類のみの審査!もう一つは賃貸保証会社が契約者本人へ電話連絡を入れる(架電審査)やり方になります。

 

申込書類だけの審査は言葉の通り、賃貸保証会社が届いた入居申込書を見て、『自社のデーターに照合して家賃滞納等がなく問題無ければ審査を通す!』ってやり方ですね。

 

賃貸保証会社のデーター照合とは、申込者が過去に家賃滞納を起こしていないか?もしくは、現在も保証会社に対して債務が発生していないか?どうか?を調べる事です。

 

実は、この間の審査は早く、約10分位で審査の回答が出たりします。

 

早いですよね!

 

しかし、賃貸保証会社が審査時に申込者本人へ電話連絡を入れるパターンはそうはいきません!

 

賃貸保証会社が電話で聞いてくる内容

又、保証会社は審査時に電話で『何を聞いてくるのか?』も審査を受ける方は気になる所だと思います。

 

この記事でわかること

  • 賃貸保証会社が審査電話で聞いてくる具体的な内容
  • 審査の電話事に気をつけるべきポイント
  • 賃貸保証会社が審査事に電話連絡を入れてくる理由

この記事を読み終えた後はきっと審査の電話にもスムーズに対処できるでしょう!

 

今回は、賃貸保証会社が審査時に電話連絡をしてきた場合、

いったい『何を申込者へ質問してくるのか?』

を紐解いていきたいと思います。

 

賃貸保証会社が審査時の電話連絡で聞いてくるのは申込内容の確認のみ!

ドキドキする賃貸保証会社からの審査の連絡電話。

 

あくまでも審査ですから

『何か難しい事を聞かれたらどうしよう!』

なんて思っている方も多いと思います。

 

しかし、大した事は聞いてきません!

 

聞かれるのは入居申込書に書いた自身の内容確認です。

 

いわゆる自分で記入した名前や住所、一緒に同居する人、家賃金額は間違いないか?収入(年収)金額はあっているか?とか。

 

実にこれだけです。

 

なので、ほとんどの方が入居申込書の記入に間違いはないと思いますので結論!

 

賃貸保証会社が聞いてくる質問に対してその内容に『間違いありません!!』

で審査は終わります。

 

実に簡単です。

 

そう言った意味でも賃貸保証会社の審査電話には全然気負いなく臨みましょう!

 

①賃貸保証会社の審査時の電話連絡には紳士的な対応で!

賃貸保証会社からかかってくる電話に対しての申込者の対応は意外に重要です。

 

賃貸保証会社の審査は1人1人面談してやっているわけではありません。

 

あくまでも申込者から貰った情報の申込書と電話連絡のみです。

 

賃貸保証会社の審査担当者も電話口から聞こえる相手の状況で審査判断をしていかなければなりません!

 

こう言った状況を加味すると、審査を受けられる申込者の方の言葉遣いや口調の態度なんかで審査電話時に賃貸保証会社から勘違いされる事もあるので注意が必要です。

 

自分自身がなんとも思ってなくとも、審査時に賃貸保証会社の審査担当者から変な印象をもたれてしまっては元も子もありません。

 

例えば、申込者の中で忙しい最中にいきなり保証会社から審査電話がかかってきて、ついついイライラしてしまった場合!

 

その対応に対して保証会社の審査の方が

この人、態度も悪く口調も荒い!なんだか家賃滞納を匂わすな!対応も良くないけど、もしかしたら後ろめたい何かがあるのでは?』と。

 

勝手な判断をされてしまうかもしれません。

 

かなり大袈裟に言ってしまいましたが、、、。(笑

 

でも実際にこんな理由で審査を落とされる事もあります!

 

でも、審査を受ける方の対応如何で、こうならないとは言い切れないと思いますので賃貸保証会社からの電話にはきちんと対応する心積もりだけは事前にしておきましょうね!

 

賃貸保証会社から審査電話時に非協力的な態度は、審査結果に対してマイナスにしかなりませんからね。

 

 

②あなたの勤め先にも賃貸保証会社から審査時に電話連絡があるかも!

これは絶対ではないので参考程度で聞いてください。

 

賃貸保証会社の中で審査時に架電審査を取り入れている保証会社は契約者本人へ電話連絡を入れるのはもちろんなのですが、賃貸保証会社の審査を受ける前に記入する申込書の欄にはお勤め先を記入する欄が設けられています。

 

当然、そのお勤め先の電話番号も情報として記入しなければならないのですが、ここに賃貸保証会社が審査時に電話をしてきたりします!

 

これが意外に厄介です。

 

賃貸保証会社も本当に契約者がそこに勤めているのか?どうか?を確認する為に実施する事があるのですが、場合によっては会社から怪しまれる可能性だってあります。

 

『◯◯さん!今日、変な電話が入ってましたよ!』と。

 

こればかりは審査を受ける以上、どうしようもないのですが、自分の勤め先にも賃貸保証会社から電話連絡が入ると事前にわかっていれば、場合によっては何かしらの対策が出来るかもしれません。

 

是非、参考にしてみてください!!

 

③緊急連絡先になってもらった方にも賃貸保証会社から電話連絡が入る!

賃貸保証会社によって審査のやり方は変わりますが、中には申込者本人は勿論のこと、緊急連絡先にも電話連絡が入ることがあります。

 

この時、気をつけておかなければならないのが、事前に緊急連絡先にも保証会社から電話連絡が入る可能性を示唆しておかないといけないと言うことです。

 

ほとんどの保証会社に対する申込書の緊急連絡先欄は、申込者本人が代筆で記入します。

 

何故なら、わざわざお部屋探しに緊急連絡先が同席さているのは考えにくいからです。

 

この流れでいきなり保証会社から電話連絡が来た緊急連絡先の方は、確実にびっくりします。

 

ましてや、緊急連絡先になった覚えはない!と主張されてしまうと、保証会社から緊急連絡先の変更を求められて審査の時間がさらに長くなってしまいます。

 

自分の緊急連絡先になってくれる方には、保証会社から電話連絡が入るかもしれない旨を事前にお伝えしておくことをオススメします。

 

賃貸保証会社からの電話連絡時にやってはいけない注意ポイント

賃貸保証会社から再三に渡って審査時に電話連絡が入っているのに、折り返しもしないで無視をしてしまう事は避けるべきです。

 

『まあ、どうせ又、かかっくるさ!』

 

こうなると、賃貸保証会社側は『そもそも加入する気がないんだな』と審査自体をストップしてしまう事があります。

 

又、最悪は勝手に審査を一旦キャンセルと、、、。

 

一人に対する審査時間はどこの保証会社もかけたくないと思っています。

 

長期的に申込者本人と連絡がとれなければ保証会社から諦められてしまいます。

 

結果、一方的に審査自体がなくなってしまうので注意しましょう。

 

保証会社へ折り返しの電話ができるようであれば是非、自ら電話を入れていくのをオススメします!

 

審査に無駄な時間を費やすことなけ、スムーズに審査を進めれます。

 

又、今では賃貸保証会社も申込者への連絡が取りやすい手段として、いつも持ち歩いているだろう?個人携帯への連絡が主になっています。

 

仮に電話設定で、賃貸保証会社からの電話を拒否しているようであれば審査時のタイミング時には解除しておく事をお勧めします。

 

場合によっては、お部屋探しを任せている不動産会社を通じて、『どの?番号から連絡がくるか?』を聞いておくと良いでしょう!

 

賃貸保証会社が審査時に電話連絡を入れる、そもそもの理由!

賃貸保証会社がわざわざ電話連絡を入れるのは、当然理由があります。

それは

  • 保証加入をすると言う契約者本人への意思確認
  • 契約者になりうる方の電話の開通確認

この2点です。

 

この2点をクリアにしたい目的で賃貸保証会社は電話連絡を申込者に入れるのです。

 

過去に家賃滞納があったか?どうか?なんて申込者の名前や住所、生年月日でデーター確認すれば良い事ですしね。

 

中でも、契約者本人の意思確認を取り付けることも、保証会社は気を使っています。

 

家賃滞納が発生した際は賃貸保証会社が家賃を立て替えて契約者本人へ督促請求をしていくのですが、そんな時!保証加入者から

賃貸保証会社に私は自ら加入した覚えはない!勝手に不動産会社に勧められて加入させられたんだ!

 

となる方が賃貸保証会社は困ってしまうんです。

 

いや、保証会社からしたら面倒くさい事になる!と言った方が正確な答えかもしれません。

 

賃貸保証会社の審査にかかる期間!連絡が来なかった場合の対応方法!

 

申込者へ電話連絡を入れる意図

こうならない為にも賃貸保証会社は、審査時に申込者へ電話連絡を入れて

あなたの意思で加入しているんですよ!

と促したい目的があるんです。

 

又、審査時に行う電話の開通確認はそれこそ賃貸保証会社が督促請求する際の生命線になります。

 

万が一、家賃滞納発生で滞納者と電話連絡がつかなくなっては賃貸保証会社の労力が倍増しますからね。

 

わざわざ家賃滞納者のお部屋まで訪問しないといけないとか、、、。

 

あくまでもこの2点が最大の目的であると言っても、過言ではありません!!

 

まとめ

賃貸保証会社が審査時に聞いてくる内容は申し込み内容(名前や生年月日、住所、お勤め先など)に間違いがないか?どうか?の確認のみ!

まったく気負う事なく審査に望んでしまいましょう。

但し、保証加入に否定的な態度で保証会社からの架電審査に臨んでしまうと、とんだ審査結果を受ける事になるかもしれませんので注意しましょう!

気に入ったお部屋に住みたいならば、賃貸保証からの架電審査には無難にやり過ごすのがベターですよ!!

 

-賃貸保証会社の審査

Copyright© ガリ勉ガリクソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.