賃貸保証会社への加入を断りたい方の唯一の方法!

pixel2013 / Pixabay

賃貸物件に住む為に

入居の絶対条件として台頭している

『賃貸保証会社への加入!』

この賃貸保証会社への加入?

審査もあれば初回保証委託料と言う費用も発生するわけで、保証加入する入居者にとっては何らメリットがありません。

しかし、せっかく気に入ったお部屋に住む為に加入が絶対条件と言われれば泣く泣くでも入居者は保証加入せざる終えませんよね。

でも?

こんな状況の中で賃貸保証会社への保証加入を防げたらどうでしょう?

もっと言えば、保証加入を断るスペシャルトークが存在していたら?

今回は賃貸保証会社の保証加入を迫られた場合の断り方を伝授します!

スポンサーリンク




不動産会社を味方に付けて賃貸保証を断る!

そもそも、賃貸保証会社への加入を勧めてくるのは誰か?

これは、お部屋探しを任している不動産会社になります。

勧められ方にも色々とパターンがあって、物件資料を使っての紹介段階で言われたり、入居申込書を取り付けた段階タイミングで言われたりと様々です。

しかし、どちらにしても不動産会社から言われる事には変わりません。

こう言った構図がある事から

『不動産会社を味方につけて保証加入を回避する!』

と言う事になります。

では?

その方法を具体的に紐解いていきましょう!

不動産会社に保証加入したくない旨をストレートにぶつけて牽制!

何事もまずはストレートにぶつけてみるのが得策です。

そうすれば、何かしらの反応を示すはず!

恐らく、賃貸保証会社へ加入したくない旨を不動産会社の担当者にぶつければ

『この人、過去に何かやらかした?』

なんて不信がられてしまうと思います。

しかし、しかし

機転が利く不動産担当者であれば、何かしらの策を直ぐにでも練るはず。

例えば

『ここの物件のオーナーさんであれば、何とかなるだろう』

とか

『こう言った交渉を物件オーナーにして説き伏せれば何とか大丈夫だろう』

などなど

『お客様のご要望なら!』

と、保証加入を回避する為に奮闘してくれるでしょう。

賃貸の不動産仲介会社もお客様からもらう

『仲介手数料』

は欲しいですからね。

こうなれば話しは早く、ここで終わりです。

ですが、、、。

全てがこのような話しになる訳でもなく、、、。

中には

『じゃあ、この話しはなかった事で!』

なんて不動産担当者から言われてしまったら本末転倒です。

では次に切り返しのトーク術について具体的に説明していきましょう!

賃貸保証加入を回避する為のトーク術!

賃貸保証会社に加入したくない旨を不動産担当者へ告げたら

何だかお部屋の契約ができない雰囲気に、、、。

こうなった場合、何かしらの手を打っていかないと本当にお部屋の契約はできないでしょう。

残念ながら。

そもそも、

『物件オーナーや管理会社からお部屋を借りられる入居者には保証会社に入ってね!』

と、お部屋を仲介する不動産会社は言われているので、そのまま入居を希望するお客様へただ伝えているだけの現状がそこにはあります。

なので、大半は

『そう言われましても〜!』

ってなっちゃうんです。

ですから、ここで賃貸保証会社へ加入しない変わりの代替え案を入居者側から伝えていきましょう!

代替え案!と言っても色々ありますので、駄目だったら次はこれで!と全てをぶつけてみましょう。

それでは具体的な代替え案をまとめてみましょう!

賃貸物件に住む際に今や必須で加入を求められる『賃貸保証会社』中にはこの賃貸保証を不要にしたい!なんて方もいらっしゃるのでは?しかし、現実は甘くなく賃貸保証会社の加入を拒めば、せっかく気に入ったお部屋に住めなくなる可能性があります。しかし、『

具体的な代替え案その①王道術!

賃貸保証会社へ加入しない変わりの代替え案の王道中の王道になりますが

『連帯保証人をつける!』

があります。

いわば、連帯保証人を誰か付けるから賃貸保証会社への加入なんて必要ないでしょ?

って事です。

『連帯保証人をつけるので保証加入をしたくないのですが!』

今では連帯保証人をつけても賃貸保証会社への加入を促される物件も増えていますので、全ての案件に対しては難しいかもしれません。

しかし、まだまだ使える手法です。

物件オーナーや管理会社の属性によるところも多大にありますが、王道を極めている方法でしょう!

具体的な代替え案その②お金の力を借りる!

賃貸保証会社の加入を促される最大の目的は

お部屋を借りた入居者が住み始めてからの毎月支払わないといけない家賃滞納リスクを減らしたい目的があるからです。

そう!

家賃滞納が怖いから物件オーナーは何とか保証会社へ加入させたいんです。

ですから

この不安を解消する上で

  • 敷金・保証金を通常より多く預ける
  • 1年分の家賃を前払いで払ってしまう

などの上記2点の方法がかなり有効的です。

賃貸物件を所有しているオーナーさんは様々な経験をされている方が多いです。

中には

『信用していた入居者に何度も裏切られた』

なんて話しは良く聞きます。

ですから、

『私は家賃滞納なんてしません!』

と言っても中々信用できないなんて事も多いんです。

そこで、賃貸物件のオーナーが信用してくれる手段として前もってお金で誠意を見せちゃうって戦法です。

誰にでも出来る方法ではないですが、上記2点の方法を出来る方はやってみる価値ありです!

具体的な代替え案その③お部屋を変える!

これは意に反している方法になってしまうのですが、賃貸で借りるお部屋そのものをごっそり変えてしまう方法です。

賃貸保証会社への保証加入に関しては、それぞれの物件を所有しているオーナーさんの意向によって

『加入してもらう』

『別にどっちでも良い』

が分かれます。

ですから、借りようとするお部屋によってはまだまだ賃貸保証会社へ加入しなくても良い物件があると言う事!

もし、賃貸保証会社へ加入したくない場合は不動産会社にその意向を伝えるわけですが

お部屋を仲介する不動産会社もプロです。

『では、こちらの物件なんて如何でしょう?こちらであれば保証加入は必須ではありませんし、オーナーさんとも関係性ができているので私の方で万が一の時にもしっかりと交渉しますよ!』

こんな事を言ってくれたら最高です!

全てを任せてみても良いですね。

直前であればあるほど土壇場のお部屋変更は労力を使ってしまいますが、ものは考えようです。

賃貸保証会社へ加入したくないか?

諦めて加入するか?

後は自分次第ですね!

賃貸物件を借りられる時に、家賃保証会社への加入必須条件があれば、お部屋の初期費用とは別に家賃保証会社へ入居者が保証委託料を払わないといけません!この「初回保証委託料」は利用する家賃保証会社によって料金が異なってくるので、一概にも言えませんが

まとめ

今回の賃貸保証会社への加入を断る方法は如何でしょうか?

そもそも賃貸保証会社へ加入したくない理由は人それぞれです。

単にめんどくさいから!

審査が通りそうにないから!

費用がかかるから!

更新料を払いたくないから!

何かしらの理由はありますよね。

上記の方法が100%確約できるものではないですが、うまくいけば必ず保証加入は回避できます。

『やらないより、まずはやってみる!』

ますは前進です。

ちなみに今回ご案内した賃貸保証会社への加入回避方法!

これらの方法で保証加入しなくて良かった人はたくさんいますよ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る