賃貸保証会社の審査

賃貸保証会社の審査電話!事前に知っておいて欲しいポイント解説!

賃貸保証会社から来る審査の電話は、どんな質問をされるのか?』

『審査電話時に、気を付けないといけない点はあるのか?』

これらの悩みを解決します。

 

何故なら私自身、賃貸保証会社に10年以上在籍しており今も現役で審査の流れを間近で見ているからです。

 

実際に、審査電話時に少しの対応間違いで保証会社の審査に落とされる方もいらっしゃるので、決して安易に考えてはいけません!

 

この記事を読み進めて頂くと、賃貸保証会社からの審査電話時に気をつけないといけないポイント、対応方法、どのような質問内容をぶつけられるか?がわかります。

 

記事を読み終えた後には、賃貸保証会社から来る審査電話にも事前に準備して臨んで頂く事ができます!

 

賃貸保証会社が申込者へ電話連絡を入れる理由

賃貸保証会社が申込者へ電話連絡を入れるのは、後々にトラブルにならない為でもあります。

 

なぜなら、電話連絡で申込者本人へしっかりと、保証会社へ加入する意思を取り付けておけば、後から『私は保証会社に加入した覚えはない!勝手に手続された!』なんて言う事がなくなります。

 

実際に家賃滞納してしまって保証会社から家賃督促を受けてしまうと、苦し紛れにこのような発言をされてしまう方は少なからずいらっしゃいます。

 

ですから、トラブルを避ける意味もあるんです。

 

賃貸保証会社へ保証加入するには

審査を受けなければなりません。

 

この審査で賃貸保証会社も保証できるか?否か?を判断します。

 

誰でも保証してるってわけでもないんです。

 

そして、この賃貸保証会社の審査方法に電話連絡と言うのがあります。

 

その名の通り

申込者へ保証会社から電話連絡を入れるという事です。

 

そこで、

今回のお題!

ポイント

賃貸保証会社から審査の電話がかかって来た時に申込者が取らなければならない適切な対応方法!

実はこの審査の電話連絡?

 

間違った対応方法を取ってしまうと、本来なら何ら問題なく審査に通るような方でも、この対応方法如何で審査に落ちます。

 

いや!落とされます!!

 

そこで今回は、審査を受ける入居者が取るべき正しい対応方法を紐解いていきたいと思います。

 

 

賃貸保証会社から電話連絡が来たからと言って審査OKではない!

賃貸保証会社の審査時に電話連絡が来たからと言って一安心できるわけではありません。

 

当然、『あなたは審査に通る方なので電話をしました!』と言うサインでもありませんので、ご勘違いなく。

 

賃貸保証会社の審査電話はあくまでも、申込者を審査に通せる方か?通せない方か?を判別する為の電話連絡でもあります。

 

決して、電話連絡だけが来たからと言って安心はできません。保証会社から審査の電話がきた後に落ちている方は多々いらっしゃいます。

 

賃貸保証会社の審査電話で聞かれる内容

実際にかかってきた保証会社の審査電話で何を聞かれるかチェックしてみましょう?

  • 本人確認書類の住所と申込書の住所に相違はないか?
  • 引越し理由は何か?
  • 誰と住むのか?
  • 勤め先や年収の確認
  • 緊急連絡先や連帯保証人の情報確認
  • 住もうとしている家賃金額に間違いはないか?

などなど、いわゆる入居申込書にご自身で記入したであろう内容の確認だけです。

 

決して難しい内容を聞かれるわけではありませんので、そこまで気負いなく望んで問題ないと思います。

 

過去に家賃滞納しているのにそれを隠そうとする!

レアなケースになりますが、

過去に賃貸保証会社へ保証加入していて家賃滞納経験がある!

なんて方がいます。

 

この場合、家賃滞納をしてしまった方は賃貸保証会社の審査に通りがたい為に審査電話の際に嘘をつく事があります。

 

『過去も現在も家賃滞納なんてありませ〜ん!』

 

確かに気持ちはわかります、、、。

しかし

賃貸保証会社もバカではありません!

 

大手保証会社になればなるほど莫大な情報ベースを持ち合わせています。

 

そして、今では賃貸保証会社同士のデーターベースも刻々と整備されてきています。

 

いわば審査時に嘘をついてもすぐバレてしまう現状がそこにはあります。

 

当然、平気で嘘をつく人間を保証会社も信用してくれる訳でもなく審査を落とします。

 

このような対応をしてしまうようでは元も子もありません!

 

それでは馬鹿正直に

ポイント

家賃滞納をした事があることを保証会社に伝えれば審査を通してくれるか?

 

答えは否です!

家賃滞納をした事がある人間を易々と保証会社も審査を通しません。

 

こうなるとなしのつぶて、、、。

 

正直、家賃滞納をしてしまった方は賃貸保証会社の審査には基本的には通りませんので残念ながら

 

家賃滞納はしないように気をつけましょう!

と言うしかありません。

 

ですが、中には通る方法もあります。

 

具体的に説明しますと

例えば?

  • 過去に家賃滞納はしてしまったが、現在は完済している
  • 家賃滞納経験はあるが、現在は誰が見ても内容の良い人間になっている
  • 家賃滞納データーを持っていない保証会社で審査を受ける

こんな方は審査に通る可能性は大です!

 

ようは、軽微な家賃滞納状況であれば大手の保証会社や小さい保証会社まで多少は考慮してくれます。

 

ですから、上記に該当する方は審査電話の際には正直に賃貸保証会社へ伝えましょう。

 

家賃滞納してしまったら、その後の対応如何で今後の審査結果が決まってしまうんですね。

 

賃貸保証会社への審査電話の対応上ではあくまでも素直に伝えるのが得策でしょう!

要は隠しちゃダメって事です。

 

横暴な態度で保証会社を怒らせる?

賃貸保証会社からの審査時にかかってくる電話連絡。この電話連絡は大体は女性の方が多いです。

 

しかし、皆さんに覚えておいてほしいのですが、賃貸保証会社からの審査連絡は機械的な喋り方になります。

 

淡々と粛々とマニュアル通りに進められていくのです。

 

ここが問題です!

 

当然にして淡々とした喋り方は聞く側にとっては

『何だか冷たく言われている』

と思えてきます。

 

ただこれだけで自分自身の気持ちを押さえておけばまだ良いんですが

しかし中には段々と腹が立ってきて賃貸保証会社の審査担当の人に横暴な態度や言動を吐いてしまう人がいるんです。

 

こうなると事の状況は悪くなり

審査に落ちます!

ようは素直に賃貸保証からの審査電話を受けない方は保証審査に通してくれないのです。

 

賃貸保証会社も万が一、保証加入者に家賃滞納をされてしまっても

  • 素直に支払う人
  • あーや!こーや!言って面倒くさい人

 

では、素直に支払う人の方が当然にして保証会社も保証したいと思っています。

 

ですからくれぐれも保証会社からの審査電話には紳士に向き合い、スムーズなやりとりをしてくださいね!

 

基本的には

『ハイ、ハイ』

って言って対応しておけばすぐ終わります(笑

 

場合によっては折り返しの電話をしてあげよう!

賃貸保証会社からかかってくる審査連絡は固定電話や携帯になります。

 

多くの保証会社は基本、携帯への電話連絡をしてくるでしょう!

 

中には審査の電話連絡を時間指定できる賃貸保証会社もありますが、多くはできません。

 

そうすると、ランダムな時間帯にて電話連絡が入ってきて

電話に出れなかった!

なんて事も多々あります。

 

ましてや仕事中にかかってきたら中々審査電話を取るのが難しいですよね。

 

しかし、ご安心を!

 

賃貸保証会社も別に審査の電話を一回のみだけして、電話に申込者が出なかった場合?

『後は知りません!』

なんて事はしてません。

 

当然、2回目、3回目の電話連絡をしてくれます。

 

しかし、しかし

それでも何だかんだで電話に出られない事もあるでしょう。

タイミングが合わない時ってありますよね〜。

 

こんな時は

審査を受ける側である、申込者から折り返しの電話対応をしましょう!

 

『今日、そちらから電話をもらっている○○(フルネーム)です。折り返し連絡しました。』

 

たったこれだけ言えばOKです。

後は賃貸保証会社の審査の方がデーターを調べてくれて

『審査開始!』

になります。

 

こうすれば審査スピードが早まりますし、自分の時間が確保できたタイミングで落ち着いて保証会社からの審査に臨めるので一石二鳥です。

 

又、折り返し電話連絡をするメリットが他にもあります。

 

それは

賃貸保証会社も審査電話を基本的に申込者本人がつかまるまで何回も電話を入れています。

 

その中で連絡が取れない日が続いてしまうと、、、。

審査が自動キャンセルされてしまうんです。

 

この辺のルールは各保証会社で異なる事でもあるのですが基本ベースとして電話連絡を取れない日が2〜3日続いてしまうとキャンセルになる確率は高くなります。

 

こうなると後々面倒くさい事が起こります。

 

ですので、中々電話に出れない方は自分から賃貸保証会社へ電話連絡を入れるようにしましょう!

 

 

どの?市外局番から電話がかかってくるか?事前に確認しておこう!

賃貸保証会社からの審査電話!

 

各保証会社もスピーディーな審査を実現する為に、申込者の携帯へ電話をかけて本人確認を取り付け

『ハイ!終了!!』

なんて事も多くなりました。

 

むしろ、固定電話にまで審査電話をしている保証会社の方が少ないですし、今はすくないでしょう。このような状況にて

 

何だか知らない電話番号からかかってきた!無視しておこう!』なんて考えで保証会社からの審査電話なのに中々出られない方がいます。

 

確かに今のご時世、知らない市外局番からかかってきたら何だか気持ちいですよね。このような事にならないように事前に不動産会社なりに確認しておきましょう!

 

賃貸保証会社の審査部は基本、その会社の本社に部署があります。

 

賃貸保証会社の本社が

大阪なら大阪から電話、東京なら東京、沖縄なら沖縄とマチマチです。

 

この辺は審査を受ける賃貸保証会社で異なります。

 

市外局番だけ確認しておけば安心だと思いますので、出来る限り確認対応しておきましょう!

 

まとめ

  • 万が一、家賃滞納を過去に起こされていても、わざわざ審査時に言う必要はなし
  • 決して審査時に横暴な言動、態度を取らない
  • 審査電話に出れなかった時は、折り返して審査時間をスピードアップ

この3つを守れば、賃貸保証会社からの審査電話で審査に落ちる事はほぼありません。審査を受ける側である入居者も、対応如何ではつまらない理由で審査を落とされます。土壇場の審査落ちは何かと面倒な事になります。

簡単すぎるが上での落とし穴も潜んでいます。しっかりと対応して、スムーズな保証審査を実現させて下さいね。

賃貸保証会社から審査電話が来た際は、この記事での内容を実践して頂き、審査を成功させましょう!

 

この記事を読んだ方におすすめ

 

最後に賃貸保証会社へそもそも加入しないでも良い賃貸物件を探されている方に朗報です。

今回、ご紹介するのが『ビレッジハウス

https://www.villagehouse.jp/campaign/

賃貸保証会社不要でさらには入居条件もゆるく賃貸物件を借りれます。

なぜなら、ビレッジハウスは独自の審査を貫いており、そもそも審査基準も低く設定されているからです。

今ならお得な3万円〜引越しサポートキャンペーンを実施されているのでチャンスです。

宜しければ是非、チェックしてみてください!

ビレッジハウス

  • 初期費用0円(敷金・礼金・更新料)
  • 低価格家賃物件多数
  • 家賃保証会社への加入不要

-賃貸保証会社の審査

Copyright© ガリ勉ガリクソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.