賃貸保証会社からの審査連絡!正しい対応方法を伝授!!

Tumisu / Pixabay

賃貸保証会社へ保証加入するには

審査を受けなければなりません。

この審査で賃貸保証会社も保証できるか?否か?を判断します。

誰でも保証してるってわけでもないんです。

そして、この賃貸保証会社の審査方法に電話連絡と言うのがあります。

その名の通り

申込者へ保証会社から電話連絡を入れるという事です。

そこで、

今回のお題!

賃貸保証会社から審査の電話がかかって来た時に申込者が取らなければならない対応方法!

実は間違った対応方法を取ってしまうと、本来なら何ら問題なく審査に通るような方でも、この対応方法如何で審査に落ちます。

そこで今回は、入居者が取るべき正しい対応方法を紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク




過去に家賃滞納しているのにそれを隠そうとする!

レアなケースになりますが、過去に賃貸保証会社へ加入していて家賃滞納経験がある!

なんて方がいます。

この場合、家賃滞納をしてしまった方は賃貸保証会社の審査に通りがたい為に審査電話の際、嘘をつく事があります。

『過去も現在も家賃滞納なんてありませ〜ん!』

確かに気持ちはわかります、、、。

しかし

賃貸保証会社もバカではありません!

大手保証会社になればなるほど莫大な情報ベースを持ち合わせています。

そして、今では賃貸保証会社同士のデーターベースも刻々と整備されてきています。

いわば嘘をついてもすぐバレてしまう現状がそこにはあります。

当然、平気で嘘をつく人間を保証会社も信用してくれる訳でもなく、審査を落とします。

このような対応をしてしまうようでは元も子もありません!

それでは馬鹿正直に

家賃滞納をした事があることを保証会社に伝えれば審査を通してくれるか?

答えは否です!

家賃滞納をした事がある人間を易々と保証会社も審査を通しません。

こうなるとなしのつぶて、、、。

正直、家賃滞納をしてしまった方は賃貸保証会社の審査に基本は通りませんので

『家賃滞納はしないように気をつけましょう!』

と言うしかありません。

ですが、中には通る方法もあります。

例えば

『過去に家賃滞納してしまったが1回〜2回位である』

『家賃滞納したが、すぐに保証会社へ支払った!』

こんな方は審査に通る可能性は大です!

ようは、軽微な家賃滞納状況であれば大手の保証会社や小さい保証会社まで多少は考慮してくれます。

家賃滞納してしまったら、その後の対応如何で今後の審査結果が決まってしまうんですね。

賃貸保証会社への審査電話の対応上ではあくまでも素直に伝えるのが得策でしょう!

横暴な態度で保証会社を怒らせる?

賃貸保証会社からの審査電話。

大体は女性の方が多いですね。

しかし、皆さんに覚えておいてほしいのですが、賃貸保証会社からの審査連絡は機械的な喋り方になります。

淡々と粛々とマニュアル通りに進められていくのです。

家賃保証会社への加入をする為には事前の審査に通らないといけません!確かに、『入りたくて加入するわけではない!』って方も多々いらっしゃると思いますが、気に入った賃貸のお部屋が『家賃保証会社要加入』物件であれば、保証加入なしではお部屋を借りられ

ここが問題です!

当然にして淡々とした喋り方は聞く側にとっては

『何だか冷たく言われている』

と思えてきます。

ただこれだけで押さえておけばまだ良いんですが

段々と腹が立ってきて賃貸保証会社の審査の人に横暴な態度や言動を吐いてしまう人がいるんです。

こうなると事の状況は悪くなり

審査に落ちます!

ようは素直に賃貸保証からの審査電話を受けない方は保証審査に通してくれないのです。

賃貸保証会社も万が一、保証加入者に家賃滞納をされてしまっても

  • 素直に支払う人
  • あーや!こーや!言って面倒くさい人

では、素直に支払う人の方が当然にして保証会社も保証したいと思っています。

ですからくれぐれも保証会社からの審査電話には紳士に向き合い、スムーズなやりとりをしてくださいね!

基本的には

『ハイ、ハイ』

って言って対応しておけばすぐ終わります(笑

場合によっては折り返しの電話をしてあげよう!

賃貸保証会社からかかってくる審査連絡は

固定電話や携帯になります。

多くの保証会社は基本、携帯への電話連絡をしてくるでしょう!

中には審査の電話連絡を時間指定できる賃貸保証会社もありますが、多くはできません。

そうすると、ランダムな時間帯にて電話連絡が入ってきて

『電話に出れなかった!』

なんて事も多々あります。

ましてや仕事中にかかってきたら中々審査電話を取るのが難しいですよね。

しかし、ご安心を!

賃貸保証会社も別に審査の電話を一回のみだけして、電話に申込者が出なかった場合?

『後は知りません!』

なんて事はしてません。

当然、2回目、3回目の電話連絡をしてくれます。

しかし、しかし

それでも何だかんだで電話に出られない事もあるでしょう。

タイミングが合わない時ってありますよね〜。

こんな時は

審査を受ける側である、申込者から折り返しの電話対応をしましょう!

『今日、そちらから電話をもらっている○○(フルネーム)です。折り返し連絡しました。』

たったこれだけ言えばOKです。

後は賃貸保証会社の審査の方がデーターを調べてくれて

『審査開始!』

になります。

こうすれば審査スピードが早まりますし、自分の時間が確保できたタイミングで落ち着いて保証会社からの審査に臨めるので一石二鳥です。

又、折り返し電話連絡をするメリットが他にもあります。

それは

賃貸保証会社も審査電話を基本的に申込者本人がつかまるまで何回も電話を入れています。

その中で連絡が取れない日が続いてしまうと、、、。

審査が自動キャンセルされてしまうんです。

この辺のルールは各保証会社で異なる事でもあるのですが

基本ベースとして

電話連絡を取れない日が2〜3日続いてしまうとキャンセルになる確率は高くなります。

こうなると後々面倒くさい事が起こります。

ですので、中々電話に出れない方は自分から賃貸保証会社へ電話連絡を入れるようにしましょう!

お部屋探しの中で今では多くなった賃貸保証会社への加入。賃貸保証会社への加入では必ず審査が発生します。この審査についても各、賃貸保証会社によって様々な審査方法がとられています。このような中、今回クローズアップしたのが審査時間!実はこの審査時間

どの?市外局番から電話がかかってくるか?事前に確認しておこう!

賃貸保証会社からの審査電話!

各保証会社もスピーディーな審査を実現する為に、申込者の携帯へ電話をかけて本人確認を取り付け

『ハイ!終了!!』

なんて事も多くなりました。

むしろ、固定電話にまで審査電話をしている保証会社の方が少ないです。

このような状況にて

『何だか知らない電話番号からかかってきた!無視しておこう!』

なんて考えで保証会社からの審査電話なのに中々出られない方がいます。

確かに今のご時世

知らない市外局番からかかってきたら何だか気持ち悪いですよね。

このような事にならないように

事前に不動産会社なりに確認しておきましょう!

賃貸保証会社の審査部は基本、その会社の本社に部署があります。

賃貸保証会社の本社が

大阪なら大阪から電話、東京なら東京、沖縄なら沖縄とマチマチです。

審査を受ける賃貸保証会社で異なります。

市外局番だけ確認しておけば安心だと思いますので、出来る限り確認対応しておきましょう!

まとめ

賃貸保証会社の審査の中で重要になってくる

『電話での審査。』

その審査を受ける側である入居者も、対応如何ではつまらない理由で審査を落とされます。

土壇場の審査落ちは何かと面倒な事になります。

もしかしたら、又一からお部屋を探し直さないといけないかもしれません。

賃貸保証会社からの審査電話への対応は決して難しい事ではありません。

むしろ、簡単すぎます。

ですが、簡単すぎるが上での落とし穴も潜んでいます。

しっかりと対応して、スムーズな保証審査を実現させて下さいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る