賃貸保証会社

賃貸保証会社を無駄と思われている方が、加入を回避する方法!

『賃貸保証会社なんて、無駄!何とか加入を回避したい』『とにかく保証会社への加入なんて無駄!無駄!無駄!』

このような悩みを解決します。

 

何故なら私自身が賃貸保証会社へ10年以上在籍しており、賃貸保証会社への加入を回避する方法を熟知しているからです。

 

賃貸保証会社に入りたくない方にとって、その方法を理解して頂くことが可能です。

 

賃貸保証会社は入居者にとって本当に無駄か?

賃貸保証会社へ加入するとなると、入居者にとっては?

  • 保証料金の負担がかかる
  • 審査がある
  • 契約書などの書類が増えて手間

このようなイメージが強く湧くと思います。

 

確かに、こうなると賃貸保証会社は入居者にとっては、無駄なことだと判断されやすいですね。

 

逆に、入居者にとって、賃貸保証会社へ加入するメリットはあるのでしょうか?ほとんどのネット情報では『入居者にとってメリットは何にもない!

 

と、断言されています。

 

確かに、私もほとんどない!と思っています。(笑

 

しかし、まったくメリットがないわけでもないんです。

 

入居者にとって、見えにくい部分であると言うことと、すべての皆さんがメリットに感じる項目ではない!ことを前置きしておいて並べてみると

  • ほとんどの賃貸物件にて、初期費用負担がトータル的には下がっている
  • 連帯保証人をお願いする必要がなくなる
  • 家賃滞納してしまった時には保証会社の方が助かる時がある

 

賃貸保証会社へ加入することで、初期費用が安くなる!

 

賃貸保証会社の保証料は、月額賃料の30%〜100%になります。

 

賃貸物件って?敷金・保証金なんて取るイメージありますよね!

 

敷金2ヶ月だったり、3ヶ月だったりすると、お部屋を借りる為の初期費用が高くなったりします。

 

しかし、昨今の賃貸物件では賃貸保証会社への加入を必須条件にしていますので、保証会社への加入を条件に、本来の敷金や保証金を0円にしている賃貸物件も増えてきました。

 

お部屋を貸す大家さんも、入居者が保証会社へ加入していれば家賃滞納などのリスクが大幅に減少できますからね。

 

賃貸保証会社への加入も月額賃料の30%〜100%ですから、これだけの費用負担で敷金・保証金がなくなっていると考えると、入居者にとってのトータル支出は実は抑えられていると言えます。

 

連帯保証人が必要ない

賃貸保証会社が台頭する前の賃貸借契約は、連帯保証人を付けてもらうのが主流でした。

 

しかし、賃貸保証会社へ入居者に加入してもらう事で、大家さんも安心を得られますので、わざわざ連帯保証人を付けてもらう必要性がなくなっています。

 

さらに、2020年4月からは大幅な民法改正も行われ、賃貸借契約についても大きな変化になっています。

 

さらに、連帯保証人がつけにくい状況になっている為、入居者も賃貸保証会社への存在価値が必然的に上がるでしょう。しかし、保証会社が一番、この様な状況に喜んでいると思いますが(笑

 

家賃滞納してしまった際に賃貸保証会社があると助かる時がある

賃貸保証会社へ加入していて、家賃滞納をしてしまうと保証会社は家賃を大家さんなどに立替てくれます。

 

しかし、勘違いしてはならないのが、保証会社は家賃を一時的に立替てくれますが、立替た家賃を速やかに契約者から回収しようと動きます。

 

入居者にとっては決して、事故があった場合の保険ではないので気をつけましょう。

 

賃貸保証会社の家賃督促

保証会社の家賃督促については、色々な情報が錯乱しており、イメージとしては厳しい督促をされてしまう!と言うのが根付いています。

 

確かに、厳しい家賃督促をする保証会社や担当者もいますので、一概には否定できない所ではあるものの、逆に大家さんだったら優しくしてくれるのでしょうか?

 

私の経験上では、大家さんでも厳しく家賃督促をされる方は多くいらっしゃいます。

 

例えば、お部屋の退去に関しても、1ヶ月の家賃滞納だけで、『出てけ!』なんて言う大家さんもいらっしゃいます。

 

気持ちはわかります。

 

大家さんの中でも、借金をしながら賃貸経営をされている方が多くいらっしゃいます。毎月の入居条件からの家賃収入で借金を返済されていれば、払わない方に対しては感情が高まるのも致し方ありません。

 

賃貸保証会社のほとんどが1ヶ月でお部屋を強引に退去させようとは思っていないでしょう。

 

こう考えると、意外にも保証会社が間に入ってくれて助かった!なんてことも場面、場面ではあると思います。

 

賃貸保証会社への加入を回避する方法!

そうは言っても、賃貸保証会社へ加入するのは何とか避けたい!何か?良い方法はないものか?

 

このような考えを払拭できない方もいらっしゃるでしょう。

 

基本的には、賃貸保証会社への加入を促された場合は、回避することは不可能です。

 

極論、加入自体を避けるには、そのお部屋を諦めるしかありません。

 

例えば、そもそも賃貸保証会社へ加入しないでOKな賃貸物件で探す!と言うのも一つの手です。

 

このような状況ではあるものの、交渉次第で保証加入を回避する方法はまだまだ残っています。

 

以下に具体的な交渉要件をまとめます。

 

  • 信用なる連帯保証人を付けるので回避
  • 賃料の1年分を前払いするので回避
  • 敷金・保証金を条件よりさらに預けるので回避

 

上記のような交渉で賃貸保証会社への加入を回避されている方はいらっしゃいます。

 

しかし、内容を見て頂くとわかる通り、逆に賃貸保証会社へ加入してしまった方が手間や費用面でも何かと得です。

 

賃貸保証会社への保証加入は、無駄な費用がかかるイメージをされがちですが、加入が絶対条件ではなかった8年〜10年前は敷金・保証金を多額に積んで借りなければならない現状もありました。

 

賃貸保証会社への加入も月額賃料の30%〜100%の費用負担で加入できます。

 

こう考えれば、あながち保証加入した方が費用負担が少ない!なんてこともありますよ!

 

保証会社不要の賃貸物件を初めから探そうよ!

そもそも賃貸保証会社を無駄と思われている方が、その希望を叶える一番手取り早いやり方があります。

 

それは、入居条件で賃貸保証会社を不要としている賃貸物件を借りることです!

 

今では約9割の賃貸物件で保証会社への加入必須条件があると言われていますが、まだ道は残されています。

 

しかも、全国展開していて1,000棟100,000戸の賃貸物件を持ち合わせている不動産管理会社さんです。

 

ビレッジハウスは保証会社不要!

このご時世で、賃貸保証会社へ加入しないで良い賃貸物件だけで希少ではあるのですが、全国のエリアにあり、さらには10万戸と言うボリュームを持ち合わせているのが、『ビレッジハウス』さんです。

https://www.villagehouse.jp/

 

ビレッジハウスの特徴的な所は

  • 賃貸保証会社不要
  • 初期費用不要
  • 連帯保証人不要
  • 仲介手数料不要

上記のように、他にも不要にしているものが多くあります。

入居審査がゆるい不動産なら『ビレッジハウス』がおすすめな理由!

 

実際の家賃に関してもエリアによっては、低価格帯で展開されており、費用面では他の賃貸物件と比較しても群を抜いてお得です。

 

しかしながら、様々な厳しい口コミや評判もあるビレッジハウスですが、目的や賃貸物件探しの希望条件によっては、十分に満足される方もいらっしゃるでしょう。

ビレッジハウスの評判!口コミからわかる入居者の言い分!!

 

是非、候補の一つとして、検討しては如何でしょうか!

誰でも簡単!!ビレッジハウスでのお部屋探し手順流れ!

圧倒的に審査がゆるい『ビレッジハウス』初期費用0円!

賃貸保証会社へ加入しないで入居が出来る!

  • 独自審査で入居審査がゆるい
  • 緊急連絡先で入居可
  • 家賃が2万円〜

今なら3万円〜の引越しサポートキャンペーン実施中!

引越しサポートを利用したモデルケース

家賃:45,000円の場合

- フリーレント1ヶ月

- 引っ越しサポート(3万円)

-当月日割1日分の 日割り

---------------------------------

敷金:0円   礼金:0円

仲介手数料:0円

鍵交換:0円

当月日割り:1500円

翌月賃料 :15,000円

翌翌月賃料:0円

----------------------------------

合計:16,500円

しかも最初の家賃支払いが翌々月!!

-賃貸保証会社

Copyright© ガリ勉ガリクソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.