保証委託料とは?賃貸保証会社の保証加入でわかる各保証会社の料金格差!!

賃貸保証会社の料金

『賃貸保証会社への加入』

この際に入居者側で必要なのは、賃貸保証会社への加入前の事前審査とその審査が通った後に支払う保証委託料です。

この保証委託料とは、いわば賃貸保証会社が受け取るお金であり、賃貸保証会社の利益を担う大切な財源です。

保証委託料を入居者が支払うなんて事がまかり通っている昨今。まだまだ金額面での入居者負担がこれからも続くでしょう!

もしかしたら今後、賃貸人である物件オーナーがこの初回保証委託料を負担していく事も考えられますが、いつになる事やら、、、。

又、賃貸保証会社の保証委託料は各会社でその料率が変わります。いわゆる高い金額の所もあれば安い所もあると言う事です。

今回は賃貸保証会社の保証委託料(金額)について、徹底的に紐解いていきます!!

賃貸保証会社の保証委託料とは?入居者の支払うメリットとデメリット!!
 保証委託料とは入居者が家賃保証会社へ支払うお金!賃貸保証会社への加入を不動産会社に勧められた場合、入居者は保証委託料と言うお金を賃貸保証会社に支払う事になります。この「保証委託料」こそが、賃貸保証会社の利益になり、売り上げになるんですね!
スポンサーリンク

賃貸保証会社の保証委託料!中には数万円の格差も!!

賃貸物件を借りる入居者が賃貸保証会社を選ぶ事は出来ません!

選んだ物件によって加入しなければならない賃貸保証会社は決まっています。いわゆる加入を絶対的に指定されていると言う事ですね。

入居者も指定されれば従うしかないのが現状です。

しかし、賃貸保証会社も様々です。

いろんな特色を持ち合わせた賃貸保証会社が今ではあります。そして、各賃貸保証会社によっては入居者が支払う保証委託料にもその金額は様々な金額が設定されているんです。

賃貸保証会社の保証委託料平均設定金額は月額賃料の50%が基本!

月額賃料とは、家賃や共益費、駐車場など毎月支払う合計金額になります。

この月額賃料の50%と賃貸保証会社が謳っているようでしたらイメージとして

*6万円の月額賃料の場合

6万円✖︎50%=3万円を入居時に支払う事になります。高く思うか?そうではないか?はおいておいて、別途引越し費用とは別にかかるお金なので覚えておきましょう!

案外、この金額負担をしなければならない保証委託料金を計算しておかないと、後で痛い目にあうので気を付けたいですね。

 

賃貸保証会社の一番の格安料金設定は30%!!

現在、存在している大手賃貸保証会社の中で一番安い保証委託料金は月額賃料の30%になっています。

先にも述べた月額賃料の50%をもらう賃貸保証会社と月額賃料30%のプランがある賃貸保証会社とでは当然にして料金格差が生まれます。

入居者も出来れば保証委託料金の負担が少ない賃貸保証会社への加入を求めたいものです。

*6万円の家賃の場合

①50%=30,000円負担 ②30%=18,000円負担
その差、12,000円!!

利用する賃貸保証会社が違うだけでこれだけの保証委託料金の差が出来ます。

月額賃料の30%を謳っている賃賃貸保証会社は少ないですが『全保連』、『ナップ』はその代表格に位置する賃貸保証会社の一つでもあります。

 

一番高い保証委託料金は月額賃料の100%〜120%

賃貸保証会社の中でも、安い保証委託料金を設定している会社もあれば、逆に高い保証委託料金を設定している会社もあります!

賃貸保証会社の大手に名を連ねる『リクルートフォレントインシュア』もその一つです。

名前だけは聞きなれた方が多いのでは?

そう!母体はあの広告業から今では様々な分野で活躍している『リクルート』

リクルートも賃貸保証会社の業界に進出しています。

ネームバリュー抜群の『リクルートフォレントインシュア』ですが、保証委託料金は高いです。

月額賃料の100%!!

その他の賃貸保証会社を押しのける高さです。

100%とは、6万円の月額賃料であれば同額の6万円が初回保証委託料金として必要になりますので引っ越しに必要な初期費用の負担をだいぶ上げてしまうでしょう。

ただし、あのリクルートが母体です!

このネームバリューははっきり言って誰もが認める事でしょう。

現に、保証委託料が高いにも関わらず利用している大手管理会社も多々あります。

やはり会社としての信頼度は高いものがあるんでしょうね!

初回保証委託料で多いのは月額賃料の50%!

初回保証委託料が安い、高いは賃貸保証会社によって違いはあるものの、基本的ベースになってくるのが月額賃料の50%です!

60,000円の家賃であれば30,000円(月額賃料50%)って事です。

これは、ほとんどの賃貸保証会社がこの料金プランを採用しています。

  • ジェイリース
  • リクルート(利用する不動産会社によって初回保証委託料金100%の場合もあり)
  • 近畿保証
  • カーサ
  • 日本セーフティー(家賃価格帯で流動する)
  • JID(日本賃貸保証)

これらが代表的な会社になります。

上記の会社も全国規模で会社を展開しており、不動産賃貸業者への導入も多いです。

賃貸保証会社への保証委託料は入居者が支払うが当たり前化している!

賃貸人にとってメリットがある賃貸保証会社のサービス。

入居者にとってはありがたみすら中々見えないサービスですよね。そんな中、賃貸保証会社に発生する料金を入居者側で負担させられている現実があります。

これは、ほとんどの加入条件で入居者負担が当たり前化しています。

賃貸人が負担するべき保証委託料金にも思えますが、これからも入居者負担は続きそうです。

参考:賃貸保証会社の保証委託料とは?入居者の支払うメリットとデメリット!!

まとめ

賃貸保証会社へ加入するには保証委託料を支払わないといけません。

この支払いに関して入居者側で負担する事になるので、引越しの際の初期費用にしっかりと組み込んでおきましょう!

今後は賃貸人であるお部屋を貸す側での保証委託料金の負担が一般化する可能性はありますが、『何時になるのやら?』が正直な所です。

又、賃貸保証会社への料金負担も賃貸保証会社よって様々なのがわかって頂いたと思います。

各賃貸保証会社の料金を前もって把握しておき、なるべくなら負担がかからない保証委託料金で加入したいですね!

コメント