賃貸保証会社の審査

日本セーフティーの審査基準を業界プロが伝授!審査の通し方も解説!

スポンサーリンク

日本セーフティーの審査って厳しいの?』

『日本セーフティーの審査で注意しないといけないポイントは?』

これらの悩みを解消します。

 

何故なら、私自身が賃貸保証業界で10年以上在籍しており、日本セーフティーの審査基準も熟知しているからです。

 

この記事を読み進めて頂くと、日本セーフティーの審査基準について理解をしていただけます。

 

記事を読み終えた後には、日本セーフティーの審査に安心して望む事ができるでしょう!

 

日本セーフティーの審査基準

日本セーフティーの審査基準について簡潔にまとめますと

 

審査ポイント

  • 審査は比較的ゆるい
  • 外国人、生活保護の方でも緊急連絡先で審査通る
  • 審査が早い

 

上記のような特徴があります。

 

審査は基本的には誰でも通る

私の個人的見解でも、日本セーフティーの審査は基本的には誰でも通る間口があると感じています。

 

無論、家賃を支払っていける根拠は必要なものの

 

誰でも通るとは

  • 高齢者
  • 低所得者
  • 外国人
  • 生活保護
  • 母子家庭
  • 借金あり
  • 勤続年数浅い
  • 無職

 

このような方達を指していますが、安心して審査に望めると思います。

 

勿論、連帯保証人なしの緊急連絡先で十分可能です。

 

消費者金融での借入があっても審査に影響なし!

複数社の消費者金融で借入があったり、車のローンが多額にあったり、はたまた決して褒めれる事ではありませんが、携帯代が未納だったりしても、日本セーフティーの審査には通ります。

 

勿論、現状の内容に問題がないのが第一前提にはなります。

 

これらは何故?審査に影響しないかと言うと、わかりやすく言えば、日本セーフティーは審査上でわからないからです。

 

主に消費者金融での借入による借金やローンの残高などは、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などを利用して確認できます。

 

賃貸保証業界の中では主にクレジットカード会社である信販系と言われる保証会社が審査に活用しています。

 

しかし、日本セーフティーのような独立系と言われる保証会社は、審査内容にCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などは利用せず、あくまでも独自の審査基準と申込者による過去の家賃滞納履歴を見ていますので、申込者の借金があるか?ないか?は重要視していません。

 

このことから、自分自身に借金があり、審査に躊躇されている方は安心して審査に望んでOK!なので心配しないでください!

 

日本セーフティーの審査に落ちる方

とは、言うものの、日本セーフティーの審査に落ちる方もいらっしゃるのが現実です。

 

では?どのような方達が日本セーフティーの審査に通らないのか解説します。

 

主に

  • 日本セーフティーで過去に家賃滞納
  • 自分の収入に見合わない高額家賃
  • 犯罪歴
  • 転居理由が不明確
  • 虚偽の疑いあり

 

上記に該当する場合は、審査に落ちる傾向がありますのて気をつけましょう。

 

『自分の収入が低いから審査に落ちるのでは?』ではない!家賃との収入割合が重要!!

良く、自分の収入が年収で300万程しかないので、審査が不安と言う声を聞きます。

 

結論から言います!

 

年収が200万でも300万でも日本セーフティーの審査には十分に通ります。

 

正直、年収がいくら?ではありません。

 

借りる家賃価格と自分の収入割合が1番重要なのです!

 

月に20万の収入しかないのに、家賃が18万円のお部屋を借りようと思うでしょうか?

 

普通なら借りません。何故なら家賃を支払うのに手一杯で生活ができないから…。

 

日本セーフティー問わず、他の保証会社審査を受ける際にも共通しますが、『月の収入が家賃の4倍』の収入があれば原則、審査にはとおります。

 

家賃6万円の賃貸物件で審査を受けるなら、月に24万円の収入があれば大丈夫と言う事です。

 

審査によっては連帯保証人を求められる

日本セーフティーの審査の特徴の一つに、審査の状況によっては、『連帯保証人を求められる』があります。

 

具体的には、申込者本人だけではどうしても審査を通す事が困難な場合に日本セーフティーから連帯保証人を付けるよう勧められる事です。

 

2020年4月1日の民法改正によりまして、他の賃貸保証会社が連帯保証人を取らなくなった審査を実施しておりますが、日本セーフティーはまだまだ審査上で連帯保証人を付けさせる取り組みをしています。

 

しかし、逆にこれはメリットにもなり得ることでもあり、例えば申込者本人だけでは審査断りを受ける所を連帯保証人を付ければ審査に通る可能性が一段と上がると言うことなので、場合によってはありがたい審査方法かもしれません。

 

何故なら、現在の賃貸物件では賃貸保証会社へ加入できないと、そもそもの入居を断られてしまうからです。

 

このことから、日本セーフティーは柔軟な審査方法を継続している保証会社の一つであることは、断言できます。

 

審査スピードが早い

日本セーフティーの審査スピードは早く、早ければ申込書を送って10分で回答が出た!なんて話しは良く聞きます。

 

他保証会社でも早くて30分、基本的にはその日に審査回答が出れば御の字です。

 

こう考えれば非常に審査にスピード感がある日本セーフティーですが、これは何故かと言うと本来であればあって然るべし本人確認電話がないことが起因しています。

 

通常ですと、保証会社の審査は申込内容に相違がないか?さらに開通確認も含めて申込者へ電話連絡を入れるのが通例です。

 

こうなると当然、申込者本人が保証会社からの審査電話に出られないと審査が進まず、回答がでるまでに時間がかかる状況に陥ります。

 

ここを省いている日本セーフティーの審査が早くなるのは当然ってことになります。

 

契約手続きを早く済ませて入居をすぐにしたい方には打ってつけの審査になるでしょう!

 

しかし、中には電話連絡を入れているケースもあるので、100%絶対ではないことを認識しておいてください。

 

日本セーフティーの審査結果が中々来ない!

日本セーフティーの審査は早いです。

 

しかし、中には審査結果が中々こなくて『審査に落ちたのでは?』と、心配される方がいます。

 

審査結果が遅い=審査に落ちた

これは、軽率な考えです。

 

何故なら、審査結果が遅いのは不動産会社さんのせいかも知れないからです。

 

日本セーフティーの審査の流れから結果が出るまでの流れを説明しますと

 

step
1
代理店である不動産会社を介して日本セーフティーへ審査申込をFAX

step
2
日本セーフティーからの審査結果は代理店である不動産会社へ

step
3
代理店である不動産会社から申込者へ審査可否をお伝え

 

見ていただくと分かる通り、日本セーフティーが審査を申込者と直接やり取りすることはありません。

 

あくまでも代理店である不動産会社を介して、審査は進みます。

 

こうなると、日本セーフティーが代理店である不動産会社へ審査結果を出しているとは言え、不動産会社から申込者へ報告の連携がなければ、申込者は審査結果がわからない状態になってしまいます。

 

いわゆる、審査結果が中々こない原因としてこのような事が起こっている可能性もありと認識しておきましょう。

 

対策としては、こまめに不動産会社へ確認連絡を入れておくのが一番無難です。

 

審査の可否は日本セーフティーから代理店である不動産会社へ書面がFAXされます。

 

不動産会社へ確認連絡を入れた際に、担当者の方が万が一いらっしゃらなくとも、別の方でFAXが届いているのが確認できれば、その時点でいち早く審査結果がわかります!

 

審査の結果が来なくて不安な方は、しつこくなりすぎない程度に、不動産会社へ確認連絡を入れてみるのをおすすめします。

 

日本セーフティーの審査に落ちても他社で審査に通る事もあり!

審査が比較的ゆるい日本セーフティーではありますが、それでも審査に落ちる方がいます。

 

理由は様々ですが、良くあるのは過去に家賃滞納してしまっていたケースです。

 

こうなると日本セーフティーの審査に通すのはほぼ皆無です。

 

又、その他には日本セーフティーと同じ協会に属している他保証会社で家賃遅れや滞納してしまったいたケースです。

 

LGO(賃貸保証機構)の存在に注視

賃貸保証業界には2つの協会が存在します。

 

  • LGO(賃貸保証機構)
  • LICC(全国賃貸保証業協会)

 

この2つの協会が存在している理由は、同じ加盟店同士で家賃滞納歴などのデーター共有を図っているのが1番の理由です。

 

そして、日本セーフティーが属している協会は、『 LG O』になり、同じ加盟店同士で情報共有して審査に生かしています。

 

LGOの加盟店一覧

  • 株式会社Casa
  • ALEMO株式会社
  • ハウスリーブ株式会社
  • フォーシーズ株式会社
  • 日本セーフティー株式会社

同じ加盟店同士での情報共有にはなりますが、最終判断は個々の保証会社に委ねられてもいます。

 

しかし、他社で事故がある申込者をわざわざ審査に通すか?となると疑問です…。

 

結果、審査落ちしてしまう確率の方が高いのが現状です。

 

でも、安心してください。

 

上記の協会に属していない他保証会社であれば、仮に日本セーフティーの審査に落ちても通ります。

 

このことは、保証会社を利用している不動産会社さんも既に理解しており、保証会社の審査を通す方法を何かしら持っています。

 

良い不動産会社さんなら、うまく立ち振る舞いしてくれるでしょう!申込者の方があまり心配することでもないかも知れません。

 

日本セーフティーの審査は土日も可能

賃貸保証会社の審査を受けるにあたって、土日にぶつかることがあります。

 

入居審査を急ぐ方には土日の期間も有効に使いたいでしょう。

 

このような中、日本セーフティーの審査は、土日もやっているので安心してください。

 

お部屋探しを自分の休みである週末を利用するケースも多々ある中で、土日も日本セーフティーの審査は稼働していることから、週末の休み期間中にもお手間な契約調整が図れます。

 

まとめ

  • 日本セーフティーの審査は比較的ゆるい
  • 審査時の本人確認による電話連絡が入らないので審査時間が早い
  • LGO (賃貸保証機構)の協会加盟店同士の情報共有には注意

 

日本セーフティーは賃貸保証会社の中でも大手にあたる保証会社です。現在の賃貸市場で日本セーフティーへの保証加入を求められる機会は多いでしょう!

 

➡︎日本セーフティーの審査について、もっと知りたい方はコチラ

 

保証業歴10年!ワンコインで個別相談

今すぐ申し込む

※審査・借金・費用etc解決

-賃貸保証会社の審査

Copyright© ガリ勉ガリクソン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.