入りたくない

賃貸保証会社の必須に対抗する交渉術?業界歴10年が伝授します!!

スポンサーリンク

賃貸物件を借りる際に条件として提示される「賃貸保証会社への必須条件

 

この必須条件を回避する交渉術を保証業歴10年の僕が伝授します。

 

賃貸保証会社へ加入したくない方は必見!!

 

本記事内容

  • 賃貸保証会社の必須条件に対する交渉方法
  • 経験者の口コミを参考に
  • 業歴10年の僕が詳しく解説

 

本記事信憑性

ガリ勉
賃貸保証会社歴10年以上!知識や経験を生かして入居者の為に情報発信中!!

 

賃貸保証会社の加入必須を回避したいならみずから交渉するしかありません。

 

なぜなら今では約9割にもなる賃貸物件で賃貸保証会社への加入は必須になっている現状があるからです。

 

賃貸保証会社の必須条件に対抗する交渉術3選!

 

今回は具体的に3つの交渉術を通じて、賃貸保証会社への加入を回避する方法を解説します。

 

概略としては

  1. 家賃を前払い
  2. 連帯保証人を付ける
  3. 賃貸保証会社への加入が条件ではない賃貸物件を借りる

 

詳しく解説していきましょう♪

 

賃貸保証会社への加入を断るのは難しい

 

まずは、賃貸保証会社への加入を断ることは決して簡単ではない事を認識しておきましょう。

 

 

どうでしょうか?

 

皆さん泣く泣く加入させられているのがよくわかる口コミです。

 

交渉術①:家賃を1年分前払い!これなら文句ないでしょ!

 

家賃滞納リスクを回避したい大家さん。だから万が一の時に家賃を立替てくれる賃貸保証会社を利用したいんです。

 

なぜなら、大家さんもローンを抱えて毎月の家賃収入から返済をしていかないといけない場合がほとんど。

 

万が一、入居者に家賃滞納されてしまってはローンが返済できなくなるリスクを抱えているからに他なりません。

 

家賃の前払いで大家さんに安心を!

 

だったら、大家さんに対するリスクを軽減してもらう為にも家賃を1年分、どかん!と前もって納めちゃいましょう!

 

これであれば、大家さんも納得してもらえそうなイメージになりませんでしょうか?

 

僕が見てきた中でも、この方法で賃貸保証会社への加入を回避された方は多々いらっしゃいました。

上記のケースは僕から見てもうまい交渉だなぁと思いました。

 

内容が外国籍の方のケースになっていますが、どなたでも使える交渉術ですね。

 

特に住む期間が決まっている(例えば2年住む)場合は、その期間の家賃を前もって支払ってしまえば、家賃滞納リスクもクソもない!って事です。

 

交渉術②:連帯保証人を付ける

 

次に賃貸保証会社への必須を回避する方法として連帯保証人を付けるがあります。

 

つまり、連帯保証人を付けるのだから賃貸保証会社への加入は必要ないでしょ!って交渉です。

 

なぜなら、万が一家賃滞納してしまっても大家さんは連帯保証人に家賃を請求することができるからです。

 

しかし、連帯保証人をつけても厳しい現実があるのは理解しておいた方が良いでしょう。

これらにあるように、残念ながら大家さんの考えも

 

賃貸保証会社+連帯保証人

 

こんなことを求めることが増えてます。

 

連帯保証人を付けるから賃貸保証会社の必須を回避する賃貸物件はそもそも少なっているのが現状です。

 

交渉術③:賃貸保証会社への加入が条件ではない賃貸物件を借りる

 

これは、交渉でもなんでもありません(笑

 

しかし、僕の中では賃貸保証会社に加入しない1番の方法と捉えています。

 

なぜなら年々、賃貸保証会社への加入は必須条件になってきており、大家さんも賃貸保証会社の良さが今ではよくわかっているからに他なりません。

 

交渉するよりスムーズな方法

 

そもそも、賃貸保証会社の加入を必須条件にしていない賃貸物件を借りれば、加入はしなくてOKになります。

 

例えば、賃貸保証会社に加入しなければ、初回保証委託料(家賃の50%〜100%)や年間の更新料(年間1万円)の支払いから免れます。

 

こう考えれば、加入している方と加入していない方とでは費用負担に大きな差が生まれているのがわかりますよね!

 

賃貸保証会社の加入を必須にしていない「ビレッジハウス」



ビレッジハウスの賃貸物件は保証会社を必須にしていません!

 

なぜなら、独自審査で且つ、生活弱者の方でも入居しやすい審査面を持ち合わせているからです。

 

例えば、

メモ

  • 生活保護
  • 外国人
  • 高齢者
  • 母子家庭
  • フリーター
  • 無職

 

上記のような方達でも審査には十分に通してくれる風通しがあるのがビレッジハウスさんです。

 

まとめ:賃貸保証会社の必須に対抗するには加入必須条件ではない賃貸物件を借りるのもあり!

 

賃貸保証会社の必須に対抗する交渉術をまとめると

 

  • 住む予定期間中に発生する家賃を一括で支払う
  • 連帯保証人を付けるから保証会社を外してもらう

 

この2点が最有力になるでしょう。

 

又、1番手っ取り早いやり方はめんど臭い交渉ではなく、そもそも賃貸保証会社を必須としない賃貸物件を借りる事です!

 

人それぞれのライフスタイルにあわせた方法で挑戦してみてください。

 

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

賃貸保証会社の加入不要!初期費用も0円物件お探しなら・・・

悩んでる人
賃貸保証会社には加入したくない・・・

初期費用にお金をかけたくない・・・

と、思われている方には『ビレッジハウス』の賃貸物件をおすすめします。

ポイント

  1. 礼金なし
  2. 敷金なし
  3. 更新料なし
  4. 仲介手数料なし

ビレッジハウスなら初期費用をどこよりも安くでき、保証会社も不要にすることができます。

さらにビレッジハウスは基本的に誰でも安心して借りれる入居審査もゆるい不動産会社です。

入居審査が不安な方でも審査に通過できる可能性がかなり高いと言えます。

また、現在ビレッジハウスでは、

最大3万円分の引越しサポートをキャンペーン

を行っています。

物件によって空室待ちやキャンペーンはどんどん終了していますので、お早めのお問い合わせが◎

まずはビレッジハウスの最新の物件情報を確認してみてくださいね。

 

\メールで無料問い合わせ/

賃貸住宅の初期費用を『キャレント』で簡単キャッシング!

大手にはない柔軟な審査が魅力

ポイント

  • インターネット専用キャッシング♪完全非対面でネット完結!
  • カード発行不要!全国どこでもご指定の銀行口座にお振込み
  • 担保、保証人不要でキャッシングが可能
  • インターネット申込み、365日、24時間受付中!
  • 申込フォームの入力内容が少なく、簡単にお手続き

-入りたくない

Copyright© ガリ勉ガリクソン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.