全保連の審査電話!気をつけるべき3つの対応!!

賃貸保証会社の審査
6689062 / Pixabay
この記事は約7分で読めます。

賃貸保証会社大手の全保連!

Screenshot of www.zenhoren.jp

賃貸物件で、全保連への保証加入を必須にしていることも多々あります。

全保連は他の保証会社より、審査が厳しいイメージが浸透しています。

これは、全保連を利用している代理店である不動産会社が、日々の審査を見て感じている事です。

又、全保連の審査方法として、審査時に電話連絡を入れる!があります。

この、電話連絡は?

  • 申込者
  • 緊急連絡先
  • 連帯保証人
  • 職場

などへ、電話連絡を入れる手法をとっています。

勿論、この全保連から来る電話連絡の対応如何によっては、審査に落ちることもあるでしょう。

全保連の審査電話!

今回は、やり方、流れ、内容などを徹底的に紐解いていきましょう。

そして、全保連から来る電話連絡時に気をつけなければならないらことも、あわせて説明していきます!

 

スポンサーリンク

全保連の審査電話は時間指定できない!

全保連から来る審査電話については、良しとしても、『そもそも電話が何時にくるか?』って事です。

平日、昼間に来たってお仕事をしている方であれば、中々お電話に出ることが難しいでしょう。

しかし、全保連からくる審査電話は時間指定ができません。

ですから、全保連からくる電話はいきなりかかってくる感じになるでしょう。

申込者が全保連からの電話に取れる、取れない関係なくです。

こればかりは、全保連のやり方なので仕方ないですね。

但し、基本的にかかってくるタイミングは、全保連が申込書をもらったタイミングで順に審査電話をかけていきます。

通常、申込書は代理店である不動産会社が全保連へFAXします。

『審査お願い!』って感じですかね。

不動産会社もなるべく契約は早く進めたい考えが強いので、申込書を記入して不動産会社へ渡した後には、比較的早めに全保連から審査電話が来ることがあります。

このタイミングだけでも、覚えておくと良いでしょう。

 

審査時間を短縮したいなら、折り返しの電話を入れよう!

全保連から審査電話はきたが、案の定、電話に出ることができなかった!

なんてことは、少なからず発生してしまいます。

しかし、ここでそのまま放っておいては審査時間が無駄に長くなるだけです。

今は、自分の連絡先に携帯番号を記入するのが当たり前になりました。

全保連も、審査電話は比較的かかりやすい申込者の携帯番号へ電話をかけます。

そうすると、着信番号が残ります。

恐らく、全保連は審査部が沖縄本社になる為、市外局番:098〜からの番号になっていると思います。

沖縄の方以外は、ちょっとかけ直しに躊躇してしまうかもしれませんが、、、。(笑

そうとは言え、申込者から好きなタイミングでかけ直しても、全保連は審査を再開してくれるので、審査スピードを速める上ではかけ直しは必要だと思います。

しかし、中にはそんなに急いでいない!って方もいらっしゃいますよね。

勿論、全保連の審査電話も一回だけではなく、申込者がでなければ複数回に渡って電話を入れてくれるので安心してください。

 

全保連の審査電話を無視し続けると自動キャンセルになる!

全保連の審査を急いでする必要もなし!って方でも、何回かかかってきている全保連の審査電話を無視してしまうと、大変なことになります。

それは、自動キャンセル!

全保連も何回かに渡って審査の電話を申込者へかけているものの、一向に電話連絡にでない申込案件をキャンセルにしてしまいます。

そこまで、1案件に時間を割いていられないのでしょう。

こうなると、又、最初から振り出しに戻ります。

厳密には再開できるんですけでね。

印象が悪いです。

なるべく、こうならないように全保連の審査電話はしっかりと対応しておきましょう!

 

全保連からかかってきた電話にはしっかりと受け答えしておこう!

全保連からの審査に対する電話にしっかり出れたとしても、ここでの受け答えも適当にしてはいけません。

あくまでも、審査電話だと言う事を認識しておかなければなりません。

仮に、全保連からきている、この審査電話を適当にあしらうかのように対応してしまうと、最悪は審査に落ちます。

そして今後、二度と全保連の審査に通らない!なんて事もなくはありません。

この全保連から来る審査電話で聞かれる内容は決して、大した内容ではありません。

自身で申込書に記入した、名前や住所、勤め先などの極々簡単な確認のみです。

特に、そもそも全保連への保証加入に否定的な方が、適当な電話対応になりがちです。

全保連の審査に落ちてしまっては、お部屋の契約が出来なくなってしまうかもしれません。

安易な考えは危険です!

 

全保連から緊急連絡先にも電話連絡が入る!

賃貸保証会社へ加入するにあたっては、連帯保証人を幾分も付けずに加入するのが多いです。

しかし、緊急連絡先は必ず付けないといけません。

絶対です。

そして、この緊急連絡先にも全保連は審査時に電話連絡を入れます。

このことから、自身の緊急連絡先になってくれた方へは、事前に全保連から電話連絡が入る旨を伝えておいた方が審査はスムーズでしょう!

特段、難しい審査ではないので、身構える必要はありませんが、全保連から緊急連絡先へ電話連絡を入れても、中々連絡がつかない!なんてことになると、審査はストップします。

あくまでも、全保連は緊急連絡先にまでしっかりと連絡取れない限りは、審査結果を出しません。

気をつけておきましょう!

 

緊急連絡先の対応如何で全保連の審査に落ちる?

全保連から審査時に申込者は勿論のこと、緊急連絡先にも電話連絡を入れることは覚えておいた方が良いでしょう。

そして、緊急連絡先だからと言って、全保連から電話連絡がきた際は、しっかりと対応してもらうよう、事前にお願いをしておくべきです。

何故ならば、緊急連絡先の対応如何でも、審査に落ちてしまう可能性があれからです。

全保連からかかってきた審査電話に緊急連絡先になってくれた方が非協力的な態度を取るようであれば、申込者にも被害が及びます。

自分は悪くないのに、緊急連絡先のせいで審査に落ちてしまうと言う、、、。

こうならないように、緊急連絡先をお願いした申込者さんの責任で、ここはしっかりとフォローしておくのが、無難です。

 

自分の勤務先にも全保連から電話連絡が来る!

申込者、緊急連絡先への審査電話!

しかし、まだ審査時に全保連が電話連絡を入れる所が一つ残っています。

申込者の勤務先になる職場への電話連絡です。

別に、来るなら来るで問題ない!って方は良いとして、電話が来ること自体を把握はしておいて損はないでしょう。

又、ないとは思いますが、万が一、全保連の審査時の申込書上に、虚偽の勤務先を記入しているようであれば、完全に審査結果にて『否決』を食らってしまうので、やめておきましょう!

そして、もう一つ!

全保連の審査時にはまだ在職はしているものの、今勤めている会社を退職する予定のケースです。

無職は全保連の審査に通らなくなります。

この場合は、現時点での勤め先を記入しておきましょう。

そして、全保連から電話連絡がきた際に、本当の事を伝えます。

恐らく、次に決まっている会社の内定証明の提出を求められますので、打診があれば提出します。

これであれば審査に影響なく、通っていきます。

但し、再度申し上げますが、無職だと審査は通りません!

 

全保連から電話連絡が来ないパターンもあり?

散々、全保連は審査時に電話連絡を入れてくる旨を伝えてきましたが、実は電話連絡を入れないパターンもあるんです。

それは、2パターンあるのですが

  • 申込書内容だけを見て審査に落ちるパターン
  • 内容が良く、わざわざ電話連絡をしなくても審査基準をクリアしているパターン

に、なります!

要は、全保連のデーター照合で引っかかれば速攻で審査に落ちますし、勤め先が公務員などの社会的信用性が高い方は、速攻で審査に通る!って事ですね。

審査時に全保連から電話連絡が来ない場合は、上記のいづれかに該当しているからでしょう!

 

まとめ

全保連からの審査電話での対応!

少し、間違った解釈をしてしまうと、悲惨な審査結果になりかねないので、気をつけたい所です。

又、自分自身は勿論のこと、審査を受ける際に緊急連絡先になってくれ方への気遣いも忘れないようにしましょうね。

兎にも角にも、全保連から来る電話連絡は身構える程の事でもないので、気負いせずに望んでもらえたらと思います!

賃貸保証会社の審査
スポンサーリンク
この記事を書いた人
gariben

がり勉ガリクソンの運営者。賃貸保証会社の業界を網羅している貴重な存在。

garibenをフォローする
garibenをフォローする
ガリ勉ガリクソン

コメント

タイトルとURLをコピーしました